私だけの

最近、雑誌すら買わなくなって久しいのだけれど、おいしいお店特集や、すてきな雑貨や特集などというのが、定期的に繰り返されていた記憶がある。

きっと編集者が街へ出て取材したりした結果なのだろうけれど、それでもネタが尽きだすと、有名人の隠れ家的なお店や、行きつけの素敵な店…などが取り上げられる。

個人でもきっとあるはずだ。あそこのお店は空間が居心地がいいとか、メニューがいいとか、料理がおいしいとか。そうしたちょっとした「私だけの」価値観。

 

でも、昨今ではもう事実上「私だけ」の価値観は存在しえない状況になっているのではないだろうか?

分かりやすいところで言えば、食べ物屋やレストランという職種に限ると食べログなどのサイトで評価され、病院は病院で、さらには内科、小児科、眼科、歯科といった区分に分けて評価され、さらにそうしたジャンルに限らず、私のお気に入りの店、場所などが(日本ではまだあまり目立っていないようにも見えるが)Yelpなどで網羅的に評価されて共有される。

もう、身近な誰かとだけ共有することは、たぶん事実上無理ではないだろうか?

 

それに加えて別側面から、日本人的行動?が悪影響を引き起こす。すでにネット以前、テレビの時代からあった現象だけれど、マスメディアに取り上げられた場所やお店には、人々が一気に押し寄せる。最近は、ネット上で話題になった情報を、テレビが後追いで拍車をかける役目を担っているかの如く、一気に怒涛の流れとなって押し寄せる。

それに耐えられるような場所やお店ならまだよい。だが小さな店、限られたスペースなどの場合、そうした人々が一時に一斉に押し寄せる量をさばききれない場合はある。
さらにその怒涛の流れは一過性であり、長くて半年。1年もすると昔の閑散とした場所に戻っていることも珍しくない。

 

商売をする側の視点で見るなら、そういう押し寄せてくるような店や場所のオーナーは、人が増えること自体は歓迎するのだが、徐々に増えるとか、今後継続的に絶えず増えるとかならともかく、要するに太く短くよりも、細く長く続くようなものを期待しているのではないだろうか?

「イナゴの大群」のごとく、メディアに煽られた人々が一気に押し寄せ、その場にあるものをすべて食い尽くして過ぎ去って、再び訪れる事はないような、こんなブームの作り方に飽き飽きしているのではないだろうか?

 

それを知っているオーナーなどは、取材お断りの店などとなっていたりして、知っている人だけが使い続けられる店を保っていたり。…なのだが、もうマスメディアのみならず、個人からマスへ向かって発信される情報は抑えられない現状。

要するに「私だけの」という価値観を少なからず自分たちで保ち続けられる価値観や、それにつながる行動こそ、教育して個々人が自律的に考えていかなければならない時代に。

 

そう考えていて思うのは、もっと高校あたりの数学などで「囚人のジレンマ」といった考え方は教え込んでおいてもいいと思うのだけれど。皆さんご存知ですか?自分としての最適化ばかりを考えるだけでは、けっかてきにえ、全体として見ると、全然「おいしくない」ですよってことのはずなんですけどね。

続・効率化

先日の内容に続くけれど、リーダーとしてとりあえず現場の効率化の「尻たたき」をしているだけの部署は、究極的に、ここに到達する可能性がある。それは、「現状を極限まで無駄を省いた形で仕事ができるようにする」職場だ。一切の無駄をなくした職場。

 

だがこれは、裏を返せば「リスク許容度が極端に低い職場」と言い換えられる。誰か一人が休んだりすれば、いきなり回らなくなる。なぜなら、現状メンバーが、最高効率で回っているため、どこかでトラブルが出たとしても、そこに回すべき余力(うまく回っている場合には無駄に見えるそれ)がないからだ。これこそ効率化の究極的状況。目指しているのはここだろうか?

 

さらに効率化すれば、新規に何かを起こすような作業は、当然ながらすぐには価値を生まない作業になるため、無駄作業に繋がりかねない。それはどのようにカウントするのか?そうした事も勘案して「効率化」を語らなければ、当然現場判断が横行し、結果としてだれもが適当に何かをこなす、いい加減な職場になることは推して知るべしだろう。

 

人もマシンもすべてにおいて、効率よく回るためには「遊び」が必要だ。遊びの空間、遊びの時間、余力、余裕時間…。だがこれの効能を明確に測ることができない今は、周りから見れば「遊んでいる」とか、「さぼっている」に見える。いや、それでもそもそものビジネスがきちんと回っているならば、その理由のいったんは、「その余裕があるから」かもしれないのだが。

 

馬鹿なリーダー、バカな経営者は、そうした「必要な余裕」すら削り出す。それは現場の雰囲気を悪化させ、スムーズに回っていたものごとをスムーズに回せなくする力となって現場に働くこともある。さらには新しい付加価値を生み出すための余裕すら削り、自分たちの自滅の道をたどり始める。

 

どこにおいても「必要な余裕」が必要なのだ。万が一のための余裕、成長のための余裕がないところこそ、危ない兆候なのだから。

壁を階段にする

私は山登りに詳しくはないけれど。

登山、それも有名な険しい山々、登頂がむつかしいと言われている要因の一つが、険しい崖が連なっているところではないだろうか?いくら標高が高い山でも、なだらかな斜面が、たとえ長距離でもダラダラと続いているのなら、登っていけばいつかは必ず頂上に到達できる。到達経路が切り立った崖、ほぼ垂直の壁に見えるようなところを行かねば到達できないからこそ、その山は登頂がむつかしい。

 

これはたぶん仕事でも同じはず。

いきなり「〇〇を作ります」と言ってできるものもなくはないが、大きな仕事になれば、Aを作って、それを使ってBを作って、それを使ってCを作って…で出来上がり、といった工程が必要になる。そういう工程を踏む、要するにA、B、Cといった「なだらかな斜面」という段階を踏むことによって、いきなりできるかできないかわからないものができる確率を高めるという事。

要するに一気に上がれない、見えない途中段階を、適切に自分に最適なステップで上がれるようになだらか化する力が必要になる。

 

この力量は、あまり明確にどこかで開発されるものでも、教えられるものでもないようだ。だが、人によっては自然に先輩の、大人の振る舞いを真似して習得している人もいる。

ものごとは、一気にできるのではなく、特にむつかしい事、大きなことをやり遂げようとするならば、段階を踏んで進めていくというトレーニングを踏むのは大変有効だ。これは仕事のみならず、勉学で会得した人は、何事であれ立ち向かえる大きな武器を手にしている。

さらに、その段階の切り方、ステップの切り方が適切であればあるほど、登りやすくなる。物理的な階段のステップが高すぎると登りにくいのは当然だが、小さすぎても登りにくい、それと全く同じ事。その最適なステップをいかにして切るかは、当人の力量とノウハウに大きく影響されるだろう。

 

今、目の前に「こんなことできるわけない」という壁が立ちはだかっている人であっても、それをちょうどいいステップに刻むことができれば、必ず上ることができる。克服することができる。その「階段にするすべ」こそ学ぶべきスキル。

 

 

 

不満を吐き出す場所

それは何の変哲もないいつもの集まり。たまたまその場を仕切っていたのが私の時だった。その中のとある老人に結果的に吹っ掛けられた。

 

彼は語る。最初は何のことはないどこにでもありそうな問題を話しているように見えたのだが、どんどん聞いていくうちに、その当人の愚痴になっているのを感じた。最後の一言がこれだ。「この私の不満がわかりますかぁ!」と。

その場は、正確には、実はその老人が話し出した内容を話す場ではないし、その人の怒りの矛先を向けるべき人物が出ている会ではなかった。だが当人は話したかったのだろう、不満があったのだろう。その場で吐き出したかったらしい。

さらにその不満はとんだところと繋がる。どうやらその老人の抱える他の不満の種と結びついて、当人にとってやり場のない怒りに変わり、興奮し始めている。そしてたまたまその場を仕切っている私に向かって「こんな約束事すらきちんとしていただかないと困る!」などと怒りを発する。私は彼とそんな約束すらしていない、まったく別の人との間の件にもかかわらず、だ。

 

いや、それ、私とは直接の関係は何もないのだ。が、そうして興奮し怒っている。どうしたもんかと数秒困っていたところ、そのほかの参加者の方々もそれを察してか、まぁまぁと合いの手が入った。簡単には収まらなかったものの、何とか事なきを得た。

 

 

よく聞くのが、年寄りになると不安になるということ。これは金銭的、経済的な不安もあれば、情報が足りない事、自分がのけ者にされているかも知れないなどという思い込み、さらには自分の立場でのみの思考に固まってしまい、自分が思ったように周りが動かない、世界が動いていないことに対する不満を抱え、時に爆発させる。いわゆる認知症ではないのだろうが、正しい場において正しい話題ができないと言うのは、その走りではないかとも感じてしまった。

 

ただでさえ、今の年金生活者世代は金銭的に恵まれていることを知っている労働者世代、若手世代は、そうした不満を聞くとうんざりなのだ。あなたは将来の我々に比べれば恵まれているはずではないのか?そんなあなたが言うなとも言いたくなる。だが、歳をとり、世間との接点も少なくなり、不安が不満に変わることがあるのだろう。それを「周りの人々」にぶつけたくなるらしい。だがこれは結構つらい。

 

いい老人になるには、良い歳の取り方をするには、これからの日本を考えると、この重要性かつ難しさをひしひしと感じる。理不尽なクレーム、無理強い、場合によっては暴力等々。日本の未来が恐ろしいことを感じる。

 

まずはこの言葉こそ撲滅すべきだろう。

「お客様は神様です」

いや、そこに上下関係はないだろう。尊敬や尊ぶ事は、尊敬されるものから押し付けられるものでは無かったはずなのだが。

 

効率化における

すでに日本は人口が減り始めていて、今までと同じ作り方、同じやり方でモノづくり、サービスづくり、付加価値づくりをしているようでは世界における地位は一方的に下がるのみ。だから効率を上げろ、生産性を上げろと言われる。

最近、若干「生産性」に切り替わりつつあるが、それでもいまだに言われ続けている「効率化」。この究極の効率化はというと、考えればすぐにわかるが、すべてを同じにすること。まったく同じものを皆が使う事。

同じ内容を提供するマシンは2種類などいらない。多様性を認めるがゆえに、別々の材料を用意し、別々の作り方が必要になる。となると作業的効率化も難しくなり、どちらか一方だけ売れ筋が偏れば、他方は在庫になる。だからこそ全く同じもの1種類にする。これに尽きる。

 

…と考えることはできるけれど、決してそうは踏み切らない。それは顧客サイドで、ユーザーサードでは「効率化」を求めておらず、多様性や個性を求めた上で安くて良いものを求めているからだ。

これで察しが付くと思うけれど、効率化といったところで限界がある。無限に効率アップできるわけがない。だからむやみやたらと効率化を叫ぶだけでなく、何をどのくらいという目標値が必要になるはずだが、それが出ている職場は、仕事の現場はあるのだろうか?なんとなく数字を掲げているのではなく、これをこのくらい効率化する…と見えているのだろうか?支持する側も、される側も、なんとなくで進んでいる現場。これこそもっとも効率が上がっていない現場ではないだろうか?

 

たぶん最大の要因は、指示する側の怠慢ではないかと思う。何をどのくらい効率アップということを目指している具体的目標を示せない時点で、指示する側は失格。それを忖度してくれる部下だから、国民だからこそ今まではもしかすると回っていたかもしれないが、もう無理だろう。働いてくれる人のマインドも変わってきていますよ?

 

とはいえ、指示された側は何かをしていなければ仕事にならないのだから、なんとなく、効率が上がる…ように見えるところに手を付けてみたりする。当然、劇的成果とはかけ離れているのだが。万が一そこで効率が上がっても、よくあるのが部分最適化。でも求めているのは全体最適化ではないのですか?それを個々の現場、担当に求めて、成し遂げられると考えますか?

モチベーションを上げたいとか、御大層なことを言う現場のリーダーは多い。だが、その責務の多くは現場リーダーの責任ではないのか?心躍るような目標、やり遂げれば達成感の得られる成果を目標として示せていない時点で、効率化など夢のまた夢。

いや、多分今までの日本の多くの現場リーダーは、そうしたことをしていなかった、できていなかった、それでも回ってきたんでしょう。でももうその時代は終焉を迎えているのではないですか?