道具が使える事

「僕はこの金槌が使いたくて」と大工になろうとする人は、まずいないだろう。金槌のみならず、ノコギリも、カンナも、なんでもそうだ。それらは道具にすぎず、「それらを使ってこんなことができる、こんなものが作れる」という、使った末にできる事こそが重要な事のはず。

 

と、こう考えれば非常にわかりやすいにもかかわらず、それ以外の多くの世界で、「金槌が使いたい!」をアピールして仕事を探している人がいる。

「パソコンのこの言語が使えます」

Excel、Wordが使えます」

「英語が堪能です」

「マネジメントができます」

どれもこれもがある種の「道具」。その道具を使ってどうしたいのか、どんなことをしてきたのか、何を実現してきたのか、何を実現していきたいのか?それが相手に伝わってこそ、就職であり、特に転職。

新卒の際にはそこまで意識できないかもしれないし、新卒でそこまで「自分のやりたいこと」をアピールしすぎても、その会社で実現できるとは限らないだろう。だが何年か働けばそれらは見えてくるはずだし、そもそも転職組においては、「スキル」に加えて「やる事、やってきたこと、今後やっていきたいこと」が明示できなければ、たぶん、安く使い倒されるのみ。

もちろん、会社によっては「使い捨ての駒」を探している企業もあるのだろうけれど、それでは体も心も使い倒されて捨てられるのがオチだ。だから、やりたいこと、目指せること、それらをその組織や企業を知って、自分の方向とのクロスポイントをアピールすることが必要になるはず。

 

道具アピールも悪くはない。がそれに加えて、「やる事、やれる、やってきた」さらには「やりたい事」「成し遂げたい事」をアピールをしなければ、たぶんこれからの就職は厳しいはず。

 

…なんだけど、働く人が減っていっている昨今。そんな事すらいとわずに、企業側はまず人採用で動くのだろう。…となると結局、働く側の意識は高まらない可能性が、というのが悲しいところ。

仕事をしつづけるには

大人になり、働いてお金をいただくという事は、何等かのアウトプットとしての成果を提供しているという事。人によってそれは、誰もができる仕事をしている人もいるかもしれないし、いや別の人では決してできない特殊技能を提供しているという人もいるかもしれない。

それぞれその職場、働く場所において、その場に応じた対応ができることで、なかなか余人をもって代えがたいアウトプットができる人には、それなりの対価が支払われることもある。そしてそうしたアウトプットが、よりレバレッジを利かすことができる人にはより大きな対価が支払われる。これが、より多くの人を動かせる人ということか。だから一般社員で転職するよりも、課長職で、課長職よりも部長職で転職できる方が、当然ながら扱える規模、パワーが大きい/レバレッジが利くことで、対価も大きくなりがちに。

 

ただ、こうしたスキルや力には、不変な部分と、最近の流れを反映した部分との二面性がどうしても出てくるところ。数十年前には言葉もなかったような、パワハラやセクハラなどといったことにも注意を向けなければならないし、昨今の日本は特に、ストレスマネジメントや、メンバーのモチベーションにさえも気を使う必要が出てきている。
だから、「自分の上司がこうだったから」と上司のマネをしてみても、この先うまく行くとは限らない。結果として、昔はそれでもよかったけれど、今の時代それではだめだよ…といって外されることも。

要するに、時代に応じた学びは、どのポジション、どの世代においても必ず必要になるという事。

とはいっても現行ビジネスを回すだけで手一杯…と言う人は、やはりどこかで消えていく、それなりに学びの時間、学びの機会、現実をとらえて修正していくことを意識した活動を細々とでも続けていかなくては生き抜いていけない時代。まぁこれが人間社会におけるある種の弱肉強食と言ってもいいのではないかと思うが。

 

だからこそ学ぼう。それは人によっては「英語」だし、別の人には「新しいテクニカルスキル」だし、「マネジメント」だし、「ヒューマンスキル」だし…。

できれば1年に一度、少なくとも3年に一度くらいは、そうした自分のスキルの棚卸はしておいたほうが良いような気がしている。

 

目の前の事に

人は、目の前の事をやりきろう、自分事を最適化しよう、としがちだ。

「これをやっておいてね」と頼まれた「それの事だけ」に目を向けて、そのほかの事は一切目に入らない。ある意味効率的に作業しようとすると、そうした外乱を避け、「それ」にのみ集中して、それをいかに早く仕上げるかにかかっていると言っても過言ではない。

しかし、ときに全体を俯瞰してみると、「そこ」にそれだけ力をかけても、そのほかのところで台無しにしている作業があったりする。そのほかのところで思いのほか時間を使っていたりもする。だが当然ながら、それは「その部分」の担当者には伝わらないし、感じ取ることはむつかしい。それを見つけたり是正したりするのは、全体を知っている者にしか成し遂げにくい。

ココで出る言葉は、僕は聞いていない、それは僕の仕事じゃ無い…。

 

でも、「そもそも、今回のこの作業は、何のためだっけ?」という、いわば「全体俯瞰」した意見が全員に浸透していると、すべてではないにせよ、どのポジションにおいても、そうした視点を持つことが可能になる。だがこれは「作業だけ」を指示されている現場ではそもそも無理だし、「何のため」といった今回の大目的が通達、徹底されていない現場ではむつかしい。
さらに昨今の事情を鑑みるとするなら、そうした個々にとっては「外乱」を入れることで、余計なことを考える時間が増えたり、手が止まることで、効率が下がる…と考える向きもなくはない。

 

しかし、本来の日本の「現場」においては、多くの場所において、そうした改善が出てきたからこそ成り立っていた日本の工夫や、それに伴う品質向上があったはず。それを生み出すはずの「余裕」をすべて取り去って、「作る時間」にのみフォーカスしているであろう現在は、事実上、どんどんと悪いスパイラルにはまっている生産現場というイメージをぬぐい切れない。

でも、すでにバブル崩壊以降、失われた二十年といった時間の中で、そうした進め方しか経験していないマネジメント層が増えつつある。彼らとしては、今のやり方による成功体験も希薄だけれど、かといって別なやり方による成功が保証されていないために、あらたなやり方に踏み出せずにいる。

誰かがそうした変化を受け入れたり、(その現場としては)未知のやり方に挑戦していかなければ、たぶん変わりようがない。目の前の事だけではなく、全体として俯瞰する視点が増えていかなければ、たぶんこれから勝ち抜けない。

 

とは言え、そんなチャレンジをさせられるほど肥沃な土壌は狭まりつつある。

かなり厳しい戦いになりそうだ。

 

楽しければ勝手に

楽しいとわかっていることは、誰しももう一度やってみたいと思う。

スポーツもそうだし、読書もそうだし、テレビを見るのだって「あの番組、面白い、楽しい!」となるからこそ、次回も見たいと思う。

 

子供、それも物心がつき、言葉が発せられる時期になると、必ず通るこんな時期がやってくる。「これなに?」「どうしてこうなるの?」「なんで?」「どうして?」。

 

まだ何も知らないから、彼らは知りたくてパパやママに聞いてみる。たぶん、「知る事」が面白くないなら、子供はすぐにたずねる事に飽きてしまうだろう。知る事、わかることが彼らには…というか、たぶん「人」にとって面白いからこそ、ずっと続けて聞いてくる。
そんな子供の「知りたい」「わかりたい」という心からの叫びに、両親をはじめとする周りの大人が、最初は一生懸命答えようとするのだけれど、やがて、親自身がこたえきれなくなって、だんだんと「親の方が」疲れてしまう。いい加減に答えたり、適当にあしらう大人も出てくる。でもたぶんほとんどの場合、子供はそれを見抜いていたりするんだろう。この大人に聞いてもわからないんだ。この人はもう教えてくれないんだ。それでもたぶん、その子の好奇心はそこで止まらない。「ナゼ?」の疑問が心の中にたまりつつも、答えてくれる人が周りに居ないという思いを抱きながらだんだんと大きくなる。

 

そのうちに、幼稚園や学校に行き始める。ここでは、「これはこうです!」「あれはああなのです!」と教えてくれる。
やった!また知ることができる、教えてくれる人が現れた!でも、面白い内容もあるのだけれど、そのほとんどの内容は「覚えましょう」という暗記/記憶ものが大半。「こうして解いていけるのです」という、「学びのための手法」を学ぶ部分はほとんどないのではないだろうか?(一部の私学や、一部の優れた?教師は、そういう理念をもって教えてくれる人もあるのだろう。でも大半が、カリキュラムを消化する、覚えさせることを説明するので手一杯ではないだろうか?)

 

「覚える」ことで面白いことも、なくはない。なぜならそうした覚えたことから、おのずと見えてくること、分かるにつながることもあるからだ。

けれど「覚えたところ」で、それ以上どう展開させればいいのかが分からない内容、科目もある。算数や理科などは、覚えることによって「手法」が分かり、さまざまな場面で、そこでのある「答え」を求めることができる。が、それでも限定的だ。たとえば私の場合、国語や社会ではその解き方が全く分からず理解できなかった。いくら漢字を覚えても、出来事が起きた年号を覚えても、それ以上のモノが何も見えてこない。こんな「覚えるだけ」の科目、人によって感じ方が違うのに、答えなんかでないじゃないか。そんな「先生が思っている答えをあてるに過ぎない」授業がとてもつまらなく、正直嫌いになった。

 

でもそれを解く方法があれば、それを知っていれば、たとえば国語を読み解く方法を知っていれば、歴史の説明を理解する方法を知っていれば、どんなふうにそれを理解できるかの道筋が分かり、先生の感性的解答ではなく、万人にほぼ共通するであろう中身がより深く理解できるようになる。そうして「わかる」ことができると、今まで知らなかったことが見えてくる、状況が浮かんでくる。単なる誰もが勝手に感じることではなく、ほぼ誰もが同じ回答にたどり着く方法があれば、いままで「見えない」と思っていたことが「見えるように」なる。目の前にはそれ以前からも存在していたはずなのに、自分の視力が悪くて見えない/ぼんやりしていたところが、クリアーに見えるようになる感覚。その「解つ方法」を知れば、まるでそんな「思考の眼鏡」を得たような気持ちになれる。分かるって楽しいはずなのだ!

 

要するに、それまで知らなかったのは、「考えるための手法/道具」の存在を知らず、そしてその使い方を知らなかったから、見えていなかっただけ。さらに言えば、今までの学習の機会においては、「考える道具を知る機会」「教わる機会」がどこにもなく、「考える道具の使い方」を誰も教えてくれていなかったということ。

 

「その道具」さえ分かれば、どうやって理解できるのかが分かり、どうやって分かっていけるのかが見えてくる。ナイフやフォーク、お箸と同じく、使い慣れることにより生活が便利に、豊かになり始める。

 

会社や学校で、 

「ちゃんと理解しろ!」と言われることはないだろうか?

「どうしてわからないの!」と言われることはないだろうか?

算数の公式などならともかく、そうでないものを理解する「やり方」や「わかるための道筋」が示されることはこれまでまずなくて、その中で出てくるコレとコレという点が、「覚えるべき知識」として示されていたにすぎないこれまで。そこを点を単に眺めるのみならず、「道筋」としてつないで「理解する」のは、自分で工夫してつないでね、という状況だった。

 

でもそういう手法を「理解する道具」として学ぶことができれば。「道具」だから、よりうまく使えるようになる可能性さえ出てくる。そんな「思考の道具」こそ、もっと広がるべきで、できればより早く、若い年齢で習う機会を作るべきで。

 

そうして「わかる方法」「理解する方法」が分かれば、当然楽しくなってくる。自分が楽しくなれば、自分でどんどんやりたくなる。楽しいからこそ自ら学びたくなる。なぜならば、どんどんわかり始め、それによりドンドン楽しくなり、楽しいからドンドン学び始めるのだから。

 

幸運にも、私はそんなスキルを学ぶ機会を得た。

部分的には知っていたけれど、今回はたっぷり時間を使ってそれを実践してみる時間もあった。まだお箸を使い出した最初と同じく、たどたどしいけれど、分かるを引き出すスキルは、同時に楽しいを引き出すスキルという側面を持つ。

そう、楽しいを引き出す道具。

これ、本当に最高じゃないか! 

 

時間を買う

現在のすべての商売において、ある意味すべての基準になっているのが「時間」だろう。その時間そのものを指しているのがファストフードをはじめとする「短時間」で仕上げましょうサービス。その短時間であっても、そこそこの満足できるサービスを提供することで成り立っている。

 

その裏を行くのが、「素晴らしい時間を提供しましょう」というアプローチ。高級レストランや料亭は、そこで出てくるサービスや環境、料理を提供するし、テーマパークや観光施設は、そこでの時間は「他では味わえない」体験や、経験を提供してくれる。

 

ただどちらにしてもお金がかかる話。どちらも時間当たりに得られる利益が基準で、それをいくらで提供してできるのか?がコストの話だ。

 

結局、お金を使って、時間を買う、これこそが究極の商売に。だから顧客サイドとしては、より効果的に過ごせる時間、より素晴らしい体験ができる時間を、時間当たりの価値観、満足感を、いかにして購入するか。

 

落ち着いてこの視点で物事を見始めれば、たとえ列車の自由席や指定席であっても、ファーストクラスやビジネス、エコノミークラスであっても、劇場の、S席、A席、B席であっても、「そこで過ごす時間にどれほどの期待をし、その対価を支払えるのか」に尽きる。

であるから、そこに求めるものが「自分のポジションで支払えるに比して得られるものが大きい」ものであれば、払うのはいとわないという割り切りはあって当然。であるからこそ、そうして自分の時間の価値を、どの程度自分なりに理解しているか、見つめているか、と言う方が実は大きいのではないだろうか?

「あんなに苦労しているのなら、ちょっと追加料金を払って、グレードアップすればいいのに」と思う人を世間では見かけることがある。もちろん、懐具合が厳しいからそこである意味我慢をしているのかもしれないが、得られるであろうモノに対して払う対価は、概して日本では小さく設定されていたりする。

 

…という事すら知らないという事こそが、情弱と呼ばれる所以なのかもしれない。最近のスマホの格安キャリアへの変更などまさにそれでは?

知らない…って、事自体で力を奪われている人が多いってことか。

知っている事それ自体が力。そしてそれを効率的に使える人には、さらに力が増していく。