知ってほしい、けど知られたくない

僕らがどこかのお店に入るとき。高級料亭や高級レストランなら、次に何を求めているのかを店員が素早く察知して、おもてなしをしてくれる。それ自体当然ながら、そうしたサービス自身を提供している、できるからこそ高級店であり、サービス料金を取られる。

とはいえ、やっぱりそうしたサービスは心地よいものであり、欲したものが、きちんと対処され、長く待たされることなくスルリとサービスがすすめられていくのは大変過ごしやすい、価値を感じられるのも当然のこと。

 

だからこそ、そうしたサービスをいかに安価に、低価格で提供できるか?ということに血道をあげるのが商売人。ここにテクノロジーをこれでもか!と投入して対処しようと挑戦しているのは、(他の業種もあるだろうけれど)一部の回転ずしだ。

 

ご存知の通り回転ずしでは、お皿にマイクロチップを入れてお勘定を計算できるのはもちろんのこと、そのチップ情報などを通じて、レーン上でその皿は何周しているのか?この時間帯なら同じネタがあと何皿必要になりそうかという事を過去のデータなどから「予測」して、キッチンに指示が出る。すでに顧客の動向を予測した形で、ネタの種類や数が予測され、おもてなし情報として分析されているからこそ、リーズナブルな値段にもかかわらず、おいしいネタが、程よいタイミングで供給されている。テクノロジーの成果だ。

 

さすがにそこにおいてプライバシー情報までは提供していないはずなのだけれど、他のお店ではどうか?昨今、コンビニやスーパーで「アプリをお持ちでは?」と聞かれるものはないだろうか?アプリを見せると買い物をするごとに、アプリを立ち上げてスキャンして数ポイント(たぶん数円相当)分登録する、というのが出始めている。ひところ言われていた「Tポイントカードをお持ちですか?」と仕組み的には同じだろうが、カードでの仕組みを通じるのではなく、「アプリ」を通して、様々な個人情報を各社で簡便にプライバシー情報を吸い上げることができるようになったからこそ、このようなポイント制に踏み出したのではないだろうか? 

 

さすがに、たった数ポイント程度ではそこまで恩恵はないけれど、そのアプリを通して、日ごろよく使う、良く購入するものの「クーポン」などが配信されれば、使うほうは使い勝手がよくなり、さらにその店を利用したくなるかもしれない。そう言うサービスを聞けば、無料でアプリ登録、お得なら私もやらなきゃ!になびくのは想像できませんか?

裏を返して言えば、本当はアプリ登録手続きを通して「情報をいただきますよ」に同意させているにもかかわらず、なんとなく同意していることで、様々な情報を吸い上げられている、知られているからこそ受けられるサービスのはず。でも、その事実を知らなければ、いや、よく読まない、よく理解していなければ、「便利になったね」と受け入れる人もいることだろう。

 

これが順番が逆で、サービスを受けるより先に「こんなサービスをできるようにするために、この情報、あの情報をいただきたく、ご協力ください」と宣言されると、途端に「それはプライバシーの侵害だ!」と抵抗したりする人もいる。

 

さて、みなさん、アプリは、アプリのクーポンは、ポイントカードは、何種類お持ちですか?

ある効率化の行き先

おにぎりやサンドイッチをかじりながら、事務作業をすること。実際にはあり得るだろう。最後の追い込み。時間ギリギリに変更を依頼されたりすると、昼食をとる時間すら削りながら、何とかやり切った…という経験者もいるだろう。

とは言え、それはたぶん、まだ「日常」ではなく、緊急事態や急ぎの際の対処に限定されているのではないだろうか。

 

でも、ここまで効率化、時間の節約が叫ばれているとするなら、それが「日常」になる可能性だってゼロではない。事実「10秒チャージ」なんていうキャッチコピーで売り出されている朝食代替食品もすでに存在している。

となれば、自宅はまさに「寝るだけ」のスペースになり切り、起きて身支度を整えたら、最寄りの駅まで歩きながら「エネルギー」をチャージするという、ながら朝食、いや、朝食だけに限らず、昼食、夕食すら考えられる。

 

「そんな世界は嫌だな…」と思っていたとしても、そうしなければ時間が足りない人にとっては、通勤途中で朝食をとるのは当たり前になる可能性は低くない。実際、車で通勤する社会や地域においては、信号待ちで車内でモグモグ…はもうある話でしょ。となれば、通勤電車で今は「食べている人」がマイノリティだとしても、それがいずれマジョリティに変化する可能性は否めないし、もしそんな世界が来るならば、目立たないような食事ができるような製品開発も進む可能性がなくはない。

だたそれを望むのか望まないのか?

 

他方で、上記で描いているのは「食事」という言葉で想像されているものの、生存、活動のためのエネルギー補給に成り下がっているという事実。しかし実際「食事」というものが持つ意味は、エネルギー摂取という意味ももちろんあるけれど、「誰かと食べる」だとか、「食べるという事を楽しむ」というところに意味がある場合ももちろんあるわけだ。もっと突き詰めれば、ランチミーティングや(最近は減っているであろう)接待などは、まさに食べる「事」自体に意味があるのではなく、食べる「場」に意味があるという事。これらをすべて「食事」と切って捨てていいのか?

これは当然「食事」という事象においてばかりではなく、「無駄時間」とひとくくりでとらえて、それらをいかに効率化するか、などなどという大変乱暴な議論の危うさと通じるところを感じたりもする。

 

きちんと考え、きちんと議論し、納得できる解を導くというプロセス。そもそも、そのプロセスの進め方自体を知らなければ、翻弄されるのみ。

 

資本主義の前提

いわゆる最初に考えられていた資本主義の前提として、個々が個別に労働をするよりも、方向性をもって(たとえば会社という方向性で)仕事を進めることにより、より効率よく成果が出せる、儲けられる、生産できるという流れがあって。その中で、「では私は、方向付ける、という仕事を担当しよう」とする資本家と、「では私は、労働を提供することを担当しよう」とする労働者とに分かれて、その双方にお金が配分され、回っていた。

 

それにたいして、ロボット化、さらに高度なことができるAIの進化によって、「方向付ける」方の仕事は依然として必要だけれど、「労働する」方の仕事がどんどんとマシンに置き換えられる可能性が出てきた。というのが、システム崩壊のはじまりになっている。…というのが昨今のAIの台頭、資本主義崩壊の始まりかと。

だから多くが、AIやロボット化されたシステムになったとしても、これまで通りの資本家にはお金が流れる経路はあるけれど、「今までのような労働者」には、お金の流れる経路が断たれる危険性が出てきている。それが昨今の危機をあおるような、新聞雑誌等の記事の根拠とするところだろう。

 

もちろん、「今の仕事」はなくなるかもしれないけれど、「今はない仕事」が生まれる可能性も多々ある。2018年現在において仕事として成立している、たとえば「Webデザイナー」などという職業は、そもそもWebがなかった1980年代には存在しなかった職業だ。

だがたぶん人は、今なにも見えていない未来を恐れている。バラ色とまではいわずとも、なにかより良くなる可能性、便利になる可能性、豊かになる可能性、雰囲気がが見えたり、感じ取れていれば、それに向かって個々が努力し始めることもあり得るだろう。ところが未来が見えなければ、どうなるかわからなければ、少なくとも同じ状況を保てる想像ができなければ、悲観し、今の状況から変化することを恐れる。それが今の状態。

 

であるからこそ、未来を語る、より良いビジョンを語る、そんな人材が求められていて、欧米諸国においてはそんな経済界のリーダーや、政治家が立ち上がるわけだ。…が、日本を見ていると、政治家も、ジャーナリズムも、そしてそれらを眺めている私を含めた市民も、冷めているし、冷ややかに見ている。もう駄目なんじゃないかと思っているけれど、自分だけでやったところでやりようもないから、あきらめて、日々なんとなく暮らしている…という人々が多すぎるのかもしれない。

でも、実は伸びしろはあるはず。それは何かと言うと(残念ながらネガティブな現実を直視する必要があるのだが)、今の日本は、別に経済大国でもないし、アジア各地からすると、相対的に遅れがちなポジションであること。遅れている、劣っている事を素直に認められれば、努力すれば良くなるし、成果になるのは当然な事。

 

50年後とまでいかずとも、20年後、30年後の日本のビジョンは?まぁそれを語るためにも、今の経済を立て直さなければ…と、ぐるっと一周回ってくる議論になるわけで。
資本主義って、いつまで続くのかな。

栄枯盛衰はあれど

そもそも、活版印刷ができる以前は物語の継承は口伝が中心だったわけで。書き写していたところはあれど、莫大な時間と費用が掛かっていた時代があった。それが活版印刷の発展、印刷技術の革新によって、当初は重要な、貴重な情報のみが書籍化されていたところが、次第に娯楽をはじめくだらない本、雑誌が大量に出回り始めたわけだ。

 

ラジオというリアルタイムメディアが出てきた時も、たぶん、最初は貴重な電波資産を通じて、重要な情報、大切な情報のみが伝えられていただろう。そのうち娯楽もそこに乗っかり始める。

テレビが出始めたころ言われていたらしい事は、そんな低俗な媒体…という蔑みだったと聞いたことがある。あぁ、その前に映画というのも媒体として存在していたのだが。映画よりも低俗な位置づけでテレビが出始めたという事か。
しかし、テレビの、映像のインパクトは、ラジオの音声インパクトよりもやはり強烈であり、映画のようにプリントして全国に配給するタイムラグに比して、即時放送で時差なく伝えられる意味は、相当に強烈だっただろう。

 

だがそのテレビでさえもしのぎ始めたのがネットの社会。テレビの場合は、伝えるための設備の巨大化、高額化、専門化が進む。テレビは電波という限られた資源を使うがために免許化していたりもするわけだけれど、それらを飛び越えたのが、ネットを通じての、さらにはテクノロジーの進化による、機器の簡便化による誰でも配信。これも一朝一夕にここにたどり着いたわけではなく、回線が細いところを太くし、配信ソフトの高機能化、フォーマットの高精細化、CPUの高機能化があいまって今がある。

 

と、こうしてみてみると当然ながら、前のメディアの欠点、不便な点を克服し、より安い、より刺激的なメディアが台頭してきたわけだけれど、その中のいくつもが、今も残り続けているという事実。本、ラジオ、テレビ、要するに、文字と、静止画、音と、動画はフォーマットこそ変わってきたけれど、でもなくならない。それをどのように伝えるか、どのように蓄えるか、どのように再生するのかがカギとなるわけだ。

逆に言えば、そうした文字、静止画、音、動画という「情報を作る仕事」は永遠になくならない。それをもってして、人々が欲しい情報を作り続けることこそがなくならない仕事ではないのか?フォーマットに規定されることなく、どの情報を作りたいのか、作るのか?それが、AIに台頭される時代に、人に求められている創造の世界ではないのか。古い媒体だからもう要らない、ではないでしょ。今その媒体に求められている役目が何かをどれほど汲み取れているのか?それに向けてそのメディアが変われるのかが試されている事実。変われなければ、たぶん…。

誰を救えるのか

最近、会社の同僚から言われた一言。

「いやぁ、便利な世界ですよね。わからない事でもちょっと調べると何かしら情報が出てくる。ネットがない時代は想像できないなぁ。」

 

おっしゃる通り、1995年ごろに本格的にはじまったインターネットの爆発的な普及。そしてそれに沿った形での、検索サイトの性能向上などで、今や、わからないことがあったらまずは「検索」してみるところから始まる人も多いだろう。

 

その流れと同調する形で、「会社でPCを使えるように」とキーボードのタッチタイプ技能を習得するのも一時期はやった。が、今はむしろそのスキルの展開自体は停滞しているらしい。なぜか?それは「スマホ」が普及したことが影響しているらしい。大学生の中でもごく一部だとは思うのだけれど、スマホで論文を書く者もいるとか。なので「就職」したあとで、キーボードでのタッチタイプができない学生が、以前にもまして増えているのだとか。

 

さらにさらに、それほどネット環境が身近に広がることにより、「自分では調べない」ものぐさ者も出てくる。誰か代わりに調べてくれる人がいる。誰かに聞けば自分でやるより確実で早い。俺よりスキルがあるやつに聞いたほうが、早いし確実。もちろんその瞬間はそうだろう。だがこれが命取りに。その後の大きな格差に広がる可能性がある。

 

昨今のある意味大きな格差は、ネットを「使える」者と「使えない」者という格差。単に検索ができるというだけではなく、その中の情報を取捨選択できる、真偽を判断できる力を持っているという格差。これらを一言でいうと「ネットリテラシー」などという場合もあるだろう。

こうした力を持っているものは、ますます最新の情報を通じて、自分の実力をアップデートし続けていく。だが他方、持っていない者はどんどんと水をあけられることに。結果的にその最初の力の差が情報格差につながり、ドンドンと水をあけられることとなり、場合によっては就職や仕事、給与格差にもつながりかねない。

 

当初は、ネットが皆に開放され、全員が等しく情報にアクセスできる環境が整うことで、ある意味理想の平等社会の一端が垣間見えた気がしたのだけれど、その使い方、使える実力によって、格差が生み出され始めている社会。いや、ある意味、機会の平等の正しい結果かもしれないのだが。

 

「でも平等に」という声もなくはない。じゃあ「どのような前提の下で」平等であるべきか?努力するものとしない者との間でも結果平等を求めるのか、実力があるものと無いものの間でも平等なのか?結果の平等と、機会の平等と。とはいえ運だって大きく左右するがそれはどのように加味するのか?

何をもって、といった議論の前提の結果は出ていない。力の差によらず、完全結果平等は、極論的には社会主義的なものに近づくのでは?逆に完全なる機会平等は、極論的には資本主義的なものに近づくのでは?資本主義だけど、貧乏人も救いたい…は心情的には賛同するけれど、どれだけ救えるのか?でも、すでに社会格差的には結果は出ているのが今の社会なんじゃないかな。唯一絶対の解などないけれど。