センスとロジック

美的センスに優れている人がいる。運動のセンスがある人、音楽のセンスがある人、リズムのセンスがある人等々、人それぞれに何らかの特技、秀でている部分がある。そしてそれが「センス」と呼ばれることが多い。

 

ただ私が個人的に思うのは、それを「センス」としてくくってしまう事で、それより先の追求をあきらめているのではないか?ということ。

確かに、今それぞれが持っているセンスは、「どうしてそこで、右ではなく左を、前ではなく後ろを、その色ではなく別の色を選ぶのかは分からないけれど、自分としてはそうしたい」といった決断の連続として、結果、全体のある種の統一性、バランスをもって、「センス」という言葉で表されることはある。

だがたぶん、それは「自分では認識していない何らかのルール」によって選択されている事ではないのか?そして「そのルール」を言語化、明文化できていない事を「センス」とひとくくりにしてしまうことで、ある意味ごまかしていないか?ということ。

 

そこを突き詰めると、たとえば前に出すぎているからそこは後ろに、という割合を、数値化できるはずだし、なぜその色を選んだのかもわかるはず。たぶん、それこそがこれから発展するであろうAIの境地になりそうに感じているのだ。

 

いまのAIの学習方法のほぼ多くが、どうしてそれを選ぶようになったのかが分からない、ある意味ブラックボックス化されてしまっているところが一つの課題として挙げられている。ある意味ロボットがセンスを会得している状況。しかし、人間がくみ上げたロジックの集合体なのだから、時間さえかければ解析はできるのではないだろうか?

要は、全体は単純ではないが、何十段、何百段にも「折り重なった単純」により生み出される複雑さとどう対峙するのか?という事こそが、AIとの対峙であり、センスとの対峙のような気がしている。

 

すべての優秀な人々のセンスがすべて解明できる日が、そうそうすぐに来るとは思えない。だが、簡単なレベルのセンスであれば、それは、あきらめなければルール化できたり、もしくは習得できたりするのではないか?それこそが簡易AIなのではないか?

 

ただ、そこはAIの強みでもある「大量の何かを覚え続ける事」に確かに利があるところかもしれない。要するに単純の山積み状況。そして、いままでは人にしか習得できないと思われていたセンスのような、一般に「感性」と呼ばれるものでさえ、マシンにとってかわられることに恐れを抱くかもしれない。

 

安全だから

皆さんの会社でも会議をする機会はたくさんあると思う。関係者を集め、一堂に会して会議を行う。進捗確認から、合意を取る会議まで、さまざまな目的で会議を行う。

そんな中、せっかく時間を割いてその会議に出ているのに、何も発言せず、黙って終わっていく人がいる。

 

時にこう言う人もいる。特に会社の上層部、部長や取締役などだったりするのをよく見るのだけれど、

「会議に出ても何も言わないのなら、いる必要はない!居るのなら、何か意見を述べなさい!」

 

特に海外、いわゆる欧米においての会議では、その会議において何も語らない事は、いないに等しい。何のために出て来たのか?と詰められることがある。小さいころから自己主張する訓練を機会あるごとに求められてきた彼らは、「私はこう思う」「僕にはこんなに素晴らしい考えがあるんだ」と、自分をアピールする形でどんどんと意見を話し出す。たぶん、そういう意識で、日本の社内のお偉いさんは、会議において意見を出せというのだろう。
だが私の経験だけから言えば、たしかにそうした欧米での会議で本当に良い意見を言う者もいるのだけれど、実は「僕の素晴らしい意見」として述べられている多くは、個人的には、『それ、本当にそんなに素晴らしいか?誰でも考えつくだろう?お前空気読めや…』と思える意見が少なくなかった。「言う」という行動はしているが、それ、意味ある意見か?

それでも百歩譲って、意見を言う、表明することの意味は認めたい。

 

翻って日本における会議の場面。

誰かが意見を言ったとしても、結果的にみんなが空気を読みあって、結局、お偉いさんの意見が「忖度(そんたく)」され、結局それになるのが関の山。まかり間違って、お偉いさんと違う方向の意見など言おうものなら、どこで目をつけられるか、不利な立場に追い込まれるのかわかったもんじゃない…と思っている人、いや、そもそもそういう事がたぶんどこかであったからこそ、みんなそんな危ない橋を渡りたくなくて、意見を言わないんじゃないだろうか?

 

そう、意見を言えるのは「安全だろう」と推測されるから。意見を言ったとしても、それはその一時の事で終われるから。いくら言葉で「安全だ」「何を言ってもいい」と口頭で言われていたとしても、本当にそれが担保される保証がない雰囲気が漂うだけで、みんな言わなくなるだろう。

それこそ、本当にその「安全」が重要視されるべき「社内通報制度」であったとしても同じこと。これがそんなに機能していなかったりする背景、実質的に通報者が匿名を担保されないことが一度でも見えた瞬間、それが意味する危機を真剣に考えた方が良い。

 

幸いにも、銃が認められていない日本の国。であるがゆえに、結構なところで、「口先」だけの約束が反故にされる場面を頻繁に目の当たりにする人が多いからこそ、誰もが「安全だと思えず」に、意見をしない。

あくまで想像だけれど、銃が認められたりする状況では、そのある意味究極の「力」を手にすることで、ある意味での安全が自分だけで担保できることにもなる。最後の安全を手に入れるからこそ「自由に発言する」ことができている側面はあったりするのではないかと勘繰りたくなることもある。

そのくらい、「安全」というのは「自由」と密接にかかわっていないだろうか?

会社のお偉方に睨まれたくないからこそ、下手なことは言わないのでは?…ということは、いくらお偉いさんが「発言せよ」と息巻いたところで存在している。その状況こそが、「お偉いさんのそんな一言で、安全だという状況など、信用できるかよ!」となっていることに、当のお偉いさんが気づいていない事が、かなり痛いんじゃないかな…と思ったりするのだ。

 

あなた、会議で自由にモノが言えてますか?

 

価値の認められる場所

昨今、あちこちの業界で不景気な話を聞いた。事業がうまく行かない、儲けが出ない等々。そこでよく行われるのが「リストラ」なわけだ。

 

リストラ、それは別に人員削減「だけ」ではないはずなのだが、日本においては事実上、人員削減「のみ」を表す言葉になっている実態がありそうだ。

リストラするような会社は要するに、その会社における現状の事業で、その人物、ヒューマンリソースを、うまく事業に使えていないという事。
とは言え多くの人間は、けっこうなんやかんや言いながらでもその仕事にうまく適応していく、できることが多い。私の感覚で言うと、「うまく使えない」方にかなりの責任があるはずだというのが実感。だが現実的には、「使いこなせない方」の方が「使われる方」よりもポジションが高いことが多く、たいていの場合は、「うまく使えていない方」では無く、「うまく使われていない方」が首を切られる。

同時に、日本においては、昨今はもうたぶん誰も「終身雇用制度」など信じていないと思われるけれど、かつてあったあの懐かしい響き「終身雇用」にあこがれていた世代がまだこびりついている会社は現存する。そこにおいては、そういう使われていない人から首を切られているんだろう。

そういう人たちは、自分たちの能力を磨くというよりも、その組織に滞在し続けることに最適化されている人が多く、放り出されたことによって初めて「目覚める」事になる。

 

そう、この目覚める事こそが大切な事。

まだまだ年金支給には時間がある人もたくさんいるだろう。這ってでも働く必要がある人がたくさんいる。

だが安心すべきだろう。いま、雇用はひっ迫している。正社員自体が足りない状況。要するに、まじめに働ける人が足りない、そんな状況なのだ。使えていない人の下にいるより、使える人の下に移動しよう。

 

ただここで焦ってはいけないのは、「なんでもいい!とにかく職を!」と焦って質の悪い何かをつかむのではなく、少し落ち着いて見極めたい。

要するに、「自分を正しく評価してくれる」人や会社と出会う事。これこそが就職で最も重要な事。

 

新卒の学生が就職探しをするのとは少し違う。それまで働いてきた「自分の価値」を正しく見つめ、それをしっかりアピールする事。それは「あなたがやりたいこと」かもしれないが、ここでいったん落ち着いて考えたい。「価値」は相手から見て「これは価値があるな」と認めていただいて初めて価値となる。なので、あなたがやりたいこと、あなたができると「思っている事」はおいておいて、相手が価値と認めてくれる事をやるべきだろう。

 

そう、「あなたの価値を認めてくれる場所」を探すこと、これこそが転職の妙。

 

落ち着こう。日本には幸いまだまだ仕事がある。落ち着いて、あなたの価値を認めてくれるところを探そうじゃないか。そしてそれは、もしかしたらまだあなた自身がそれに気づいていないのかもしれない。なぜなら、あなたにとっては、当たり前の、普通の事に過ぎない事…こそが、「周りにとっては価値ある事」であったりするのだから。

 

価値の認められる場所へ。

 

何を覚える?

仕事に限らず、勉強の本質もそうだと思うのだけれど、何でもかんでも覚えるというよりも、「本質的に覚えるべきもの」と「その必要はないが、今とりあえず覚えるべきもの」を区別する意識付けが大切ではないかと思っている。

 

個別にそれぞれを覚えなければならないモノも、もちろんたくさんありはするのだけれど、大人として、さまざまな場面、さまざまな状況に対処できている人たちの頭の中はたぶん、全部をむやみに覚えるのではなく、そうした「パターン化された知識」で、他の時にはこうやって対処したから、ここもそれと同じと見てみればこうして対処できるのでは?と乗り越えていく人が多く、事実そうした場面がかなりある気がしている。

 

しかしそうした意識もなく、その場その場で「すべてを覚える」といった対処をしている人にとっては、「ここのは聞いていません」とか、「知りません」と、毎回毎回、その場に応じて学ばなければ、覚えなければならなくなる。もちろん、それらすべてが記憶できる容量を持っていればそれもよいのだが、そんなことはとても無理。となると、結果、わからない大人、成長しない人とみなされることにも。

 

この典型的なものが「語学」だろう。語学には多数の例外も損じするものの、「文法」という「パターン」が存在し、それを理解することで、多数の場面において利用したり、理解したりすることが容易にできるようになる。

だが、そのパターンを使えるようになるためには「単語」という、これはほぼそれぞれに対して個別に覚えなければならない壁もある。ただこれとて、語源から考えるというパターンがないでもない。

 

覚えるべきもの、覚える必要がないもの、これらを感覚的により分けて学習している人もいる。でももし自分で覚えが悪いとおもったら?「何を覚えるべきだろうか?」と今一度考え、自己認識を確認するのもよいかもしれない。

 

 

 

簡単に変わるには

人生を変えたいとか、今の不運な自分を変えたいとか、何かを変えたい、変わりたいと思う状況は、日々自分の周りにはいろいろあるもの。ただそこで言われるのは、「誰かを変える」よりも、手っ取り早いのは「自分自身が変わる」こと、何て言われている。

 

では自分自身が変わるにはどうすればいいのか?結構これで悩んでいる人もいるのかもしれない。どうすれば変われる?どうやれば変わる?

 

手っ取り早い変われる方法がたぶんある。

それは、勉強すること、だ。

 

へっ、勉強?と思う人もいる。もちろん、中学高校のような勉強もいいだろう。でももう大人のあなたなら、それ以外の形の学びもあることはご存じだろう。

何でもいいのだ、国語算数理化社会…にかぎらない。

 

でここで言われるのは、「そんなこと言われたって…、何を学べばいいのかわからないんだよ…」とかね。

しかしそう言う人に、「これを学びなさい!」とか言ったとしても、「そんな自分の好きでもない事を…」などと文句を言うくせに、「なんでもいいよぉ」と言われると途端に、「どれを学んでいいかわからないよ…」とまた言い訳を言う。

要するに気に入った事、やりたい事、それが「自分でわかってない」ってことじゃない?自分が何が得意なのかもよく理解できてないってことでしょ?

なら、なんでもいいじゃないか。何かやってみなさいな。

そう、ようするに「何もやってない」ことがまずは打ち破るべき何かなんじゃないだろうか?そう、まずやってみましょう、と。

それこそが、あなたが変わる、結果として周りも劇的に変わる最初の一歩なのだから。