パンドラの箱

理科の実験や、化学工場などの処理は、「拡散させないように閉じ込める」事が肝心だ。毒性の高いモノなどがいったん管理を離れて拡散されてしまうと、それらをすべて取り戻すことが非常に困難に、事実上不可能になるからだ。であるため、管理は厳重に、取り扱いには細心の注意を払う必要がある。汚染物質などが厳しく取り締まられる背景もまったく同じだ。

 

これを象徴する寓話的な話が、パンドラの箱。その箱を開けてみたところ、閉じ込めていた様々な悪いことがすべて拡散し、二度とその箱に閉じ込めることができなくなってしまったという事。さらには、その箱の片隅に小さく残っていたのが、小さい希望だったという事。

であるがために、その「パンドラの箱」を恣意的に開ける際には、細心の注意が必要だという事だ。これを開ければ何とかなるんじゃないか…的発想で開けたが最後、そこに閉じ込めていた最悪の状況は、二度と取り戻せない状態になるのは言わずもがな。

場合によっては、ほかの場所で、「その場所のパンドラの箱」を開けた結果が見えていることもある。だからこそ、注意して、それも何十にも議論し、様々な状況を想定したうえで、決断する必要があるのは当然だろう。

 

ここ最近、国会では二つの大きな決断が下されつつある。それは、水道事業を私企業に委託できるという法改正と、外国人労働者をより日本に導入しやすくするという内容だ。

あくまで私の考え方だが、水道事業に関しては世界各国ですでにその失敗事例が散見されており、私企業にすることで「値段が上がる」「水質が下がる」というネガティブな結果が出ている。とはいえ、たぶん今のままでは価格的に、各自治体が持たないのだろう。ならば「その現実をつまびらかにしたうえで、今こそ公共投資をきちんとすべき」ではないのだろうか?少なくともきちんと議論が尽くされるべきだろう。それを「私企業」に任せ、企業だから利潤追求という事で値段が上がりますよね…というのは、そもそもの公の説明責任を放棄しているとしか見えないのだがどうだろうか?

さらに外国人労働者においては、「今、喫緊の課題は人手が足りないという事」という形で進められているけれど、これは明らかに言葉が足りない。それは「今の労働賃金基準ベースで働いてくれるような人が、足りない」という事であり、「賃金ベースを上げて、雇い入れることを考慮したうえで」の話に全くなっていない。そういう意味では、政治家は資本家の方にのみ向いているだけであり、多くの国民属性である労働者の方に何も向いていない。

労働者の賃金を上げずして何が景気回復なのだろうか?こうして外国人労働者を入れることで、もちろん優秀な労働者も入ってくるかもしれないが、不良労働者も激増することは目に見えている。

さらには、外国人労働者とて、「日本」がいまだにそこまで魅力的な労働環境と映っているのだろうか?ほかの国と比べれば、明らかにヨーロッパなどのほうが、より良い労働環境で働ける国も存在する可能性は高い。となった時に、さて資本家は、政治家はどうするつもりなのだろうか?あきらかに「考えていない」、「目先の」、「パンドラの箱を開ければ何とかなるんじゃね?」といった対策しか打てていないのではないか。考慮が浅すぎる。議論が足りなさすぎる。

パンドラの寓話のように、箱を開けた後に「希望」が残っていることを祈りたいのだが、それさえも期待薄なきがしてしかたがない。

 

 

いろんなシミュレーションもやられているとは思うが、すべてのパラメータがつまびらかになっているわけもなく、この結果は、「箱を開けてみてから」しかわからない。

そして一度開けてしまうと、簡単には元に戻らない。

平成も時代の終わりを迎え、「平らかなる時代」が終わりを迎えるような気がしている。

 

処理能力の限界の先

マシンは、処理能力の限界を超えてまで仕事をさせようとしても、壊れるか、対応できなくなるだけだ。たとえば、耐荷重10Kgのところに30Kgのものを乗せると壊れるといったものがその典型。パソコンですら熱くなったり、カーソルがまともに動かなくなる。もちろん棚などの場合、そこに20Kgのものを乗せても同じく壊れるのだが、とはいえ普通そうした装置は安全係数がかけられていて、少々のオーバーは許容してくれたりもする。パソコンだって一時的なブーストもある。だが、それにしたところで、許容オーバーの状況が「常態」になるような使い方をすれば、あちこちに無理が生じ、壊れるまでの期間が短くなるのが常だ。

 

たぶん、「人」それも特に日本人はここ最近、そのような状況に達し始めているのではなかろうか?

インターネットが庶民レベルで使えるようになってからおおむね20年。すでに皆さんの手元にはスマホがあり、いつでもどこでも情報に接することができる環境が整いつつある。いや、すでに「情報に取り囲まれすぎている」と表現してもいい。たぶん「テレビ」よりも身近にあるのが「スマホ」であり、それから得られる情報、それを通じてせっつかれる通信に対応することで精いっぱいになりつつある現状がある。

とは言え、人の情報処理能力は無限ではない。もちろん、今から20年、30年前に比べれば、格段に個々人の情報処理能力は上がっていることは間違いないだろう。だがこれとて「無限」に上がり続けるものではない。その限界は来ていないだろうか?

 

ある上場企業の管理職は、1日に約1000通を超えるメールをさばく必要に迫られているという。1件30秒で処理したとして30000秒。単純計算で、8.3時間を「メール処理のみ」で使い果たす計算になる。もちろん、つまらんメールもあるだろうが、管理職クラスであれば、詳細に読み込んで承認が必要な内容もあるだろう。とてもまともに回っているとは想像しがたい状況だ。

これを、「いや、メールじゃなくてチャットツールだ」…と変えるのも一つの手だが、いや、根本的にツールの問題だろうか?情報量の問題ではないだろうか?

そもそも、それぞれを細かく読み替え、理解しながら処理をすること自体、効率の悪い事極まりないわけで、やがてそれも、今から20年30年後には、高度に判断できるAIにとってかわられる可能性だって出てくるだろう。となった時に、「人は何をして生きていくのか」?目の前を流れている情報を処理するのみで良いのか?もっと本質的なことに、ロボットやAIにはさせられないことにシフトすべきではないのか?

ただ悲しむべきことに、最初にそのシフトした人が、世間的に認められる可能性は少ないかもしれない。なぜならば、たぶんそれは、「今は無価値」であるようにしか見えないかもしれないから。いや、「今は無価値」である事こそ、これから「価値」を持つことではないのか?と想像もするのだが。

レベルフィット

知りたいことがある。でも自分のレベルがそれに追いついていない時。その説明会に出ても、自分が知りたい事を知りたいレベルで知ることはむつかしい。自分のレベルではその場の情報レベルが高すぎて理解できないからだ。情報は飛び交っている、だが高度過ぎて分からない。つまらない。

 

知りたいことがある。でも自分のレベルがそれ以上の時。その説明会に出ても、知りたい事はその場所からは得られない。自分のレベルはその情報のほとんどはもう知っていて、そこで得られる情報レベルが低すぎるからだ。つまらない。

 

知りたいことはない。興味もない。でも学校で/会社から、行けと言われた。そんな場所では当然ながら、そこで語られる情報に興味はない。知りたくも無い。無駄な時間だ。つまらない。

 

…ということは、知りたいこと、それに興味があって、その提供される情報レベルにフィットした時と言ったいくつかの条件が重なった時だけが、唯一の満足感が得られる時。もちろんそこには多少のブレがあって、若干難しすぎるぐらいで想像と既存知識で補完しながら学ぶことで、メキメキ成長する感覚すら味わえる。

なかなか受講する側では調整が難しい。だから「良い先生」や「良い講師」は、その受講する相手に合わせて情報をかみ砕き、場合によってはちょっとレベルの高い情報を提供してくれる。相手を見て若干アウトプットを調整できる。これこそが師範の師範たる手腕。…のはずが、教師は教えるべき情報を教えればいい…などと横暴に考えている者もいる。こういう人が勉強嫌いの生徒を生み、悪の現況となりうる。

もちろん、教える側の完全な一方的な責務というつもりはない。教わる側も、自分に適した情報提供をしてもらえるところを探していく必要がある。双方が双方ともに努力した結果として、良い人に出会えるという事。

 

これ、結局人生と同じで、双方が同じように探さなければ、理想の人は現れない。ごくごくたまに、偶然が出会いを生むこともないわけではないけれど、それは万に一つ以下の偶然だと思ったほうがいい。

 

出会いを求めて、良い師範を求めて。

 

 

 

 

それ、わからないんだけど

大学などで、先生に向けて説明する際や、会社で上長に報告する際に、恐れや恐怖を感じるのは、何のことはない、こういわれることだ。

「それ、わからん」

単純にして最強。この言葉ほど恐ろしいものはない。

 

通常の日常生活であれば、普通はこう考えるはずだ。それは、大学の先生ともあろう権威をお持ちの方が、わからないことなどあろうはずもない。これは大学の先生に限らず、「大人なんだから」とか、「専門家なのだから」などなど、権威などをまとった人、ポジションの高い人、プライドの高い人などが良くとる状況。何かといえば、単純に言うと「知ったかぶり」だ。

こんなことはご存知ですか?などと言ってダイレクトに聞かずとも、言葉の雰囲気として、「こんなことは当たり前に皆さんご存知でしょ…」という空気を醸し出している状況において、単なるプライドだけの人は、知ったかぶりをしてしまいがち。

 

だが、本当に実力のある人、単なるプライドだけではない人の場合、堂々とこう言い放つ。「それは知らない」「わからない」。

ただ、大人になればなるほど、意味のない権威やプライドを身にまとったりまとわされたりして、この言葉が言いにくくなる。

 

小さい子供の行動を思い起こせばいい。彼らは相対的に知っていることが少ない、それを「知る事」が彼らの興味だ。だから、わからないことは素直にわからない、知らないことは知らないと堂々と話す。これこそが最強の力。このパワーで様々な大人がほんろうされ、困り果てる。いや、実はその瞬間こそ学ぶ場であり、成長するポイント。だから、たとえ大人になろうとも、それこそ素直に、知らないことは知らない、わからないことはわからないと伝えることこそが実はとても大きな力だったりする。

 

知らないものは知らないし、わからないものを知っているふりをしてどのくらい得をするのか?と考えれば、素直に言おう。わからん、と。

 

 

ある朝の出来事

珍しく、山手線の内側の、あるチェーン展開しているカフェでコーヒーを飲みながら、少しサンドイッチをかじり、仕事の準備をしていた。

 

ちょうど時間も程よく、腹ごなしもできたので、自分の荷物を片付けてゴミを分別して捨て、店を出ようとした。と、目の前を少し体格の良い、カジュアルスーツに身を固めた、明らかに欧米系の若者が、ドアを支えていてくれている。

別に私がなにか大きな荷物を持っていたわけじゃない。ただ彼の後をついて出ようとしただけだ。扉に到達したときに、彼と目が合った。彼が支えていたドアを私が手でつなぎ止め、彼のまなざしに反対側の手をフッとあげて(ありがとう)の意思を示す。彼もそれに応じて軽く手を振って返してくれる。

 

たったこれだけのことなのだ。にもかかわらず、気持ちが晴れやかな気分だったのはなぜだろう?

日本人でももちろん、扉を抑えてくれる人、後ろを気にしてくれる人はいないわけじゃない。だがちょっとしたアイコンタクトで、ふとした笑顔で返してくれた経験はあまり無い。

そんな気持ちのいい1日の始まりだった。

 

お互いに互いを助ける余裕がなくなると、余計に社会全体が過ごしにくく、それによって不満が募り、悪いスパイラルに。社会の気分は誰かに作ってもらう…んじゃなくて、自分で作る、みんなで作るんだよなぁ。