時間は敵か味方か

小説家や漫画家で、「締め切り」に追われる人の話はよく聞く事例。べつにそんな特別な才能をお持ちの方のみならず、普通の仕事であったとしても、締め切り、タイムリミットに追われることは、誰にでもあり得ること。結果的に、「時間」と敵対して、いつも「時間と戦わざるを得ない人」になると、疲弊し、徒労に終わる人々が山のように生み出されるわけで。

 

だけれど、場合によって時間を見方に着けることに注力している人もいる。その典型例が、株や複利を利用して、自分の財産を増やそうとしている人ではないだろうか?

 

現在の日本はすっかりデフレ、もしくは成長が止まった経済になってしまっているけれど、昔の日本では成長率が数%あり、金利も年利2%や3%付いた時代があった。

仮に、年利2%だとすると、10年で1.21倍、20年で1.48倍にもなる。2.5%なら 10年で同じく1.28倍、20年で1.64倍。現在の金利からすると、恐ろしいほどの増え方だ。であるからこそ、今の高齢者は「預金」を大切にする。特段「株式」といった+にもーにも振れるリスクを取らずとも、そこそこに財産が増えてきた実績があるからだ。これも時間があればこその資産形成。

同時に、そんな時代においては、お金を借りることは恐ろしい勢いで金利による負担が増えていくという事。

 

昨今の状況はというと、そうした預金金利では、実質まったくと言っていいほど増えない。逆に口座手数料などでマイナスになる危険性すらある。であるからこそ「株式」で運用しましょうなどと進められる。
株の場合、一日で数%上昇したりするわけだが、当然のことながら、上下動を繰り返す。なので、じっくり少しずつ増えてきた世代にとっては気が気でならない。こうしたマインドの人々は、ちょっと増えると売って利益を確定し、ひとたび下がると買いまして…を繰り返してショートタームで売り買いを進める人もいる。これは相場に張り付いていないとできない話。

となると、しばらく放っておいてもそこそこに…となると、インデックス債などで投資する。確かにアメリカなどの経済指標は、細かい変動はあるものの、確実に成長している。けれど、それも信じられずに日々の数字に怯える人が、逆に「一発逆転」を狙って大きく博打を打とうとする。と、儲けも大きくはなるのだが、痛手も大きく受けることに。要するにこれでは時間を見方に着けられなくなるという話。

 

ただ、金利が頼りにならなくて、それ以外の方法で…となる場合の大前提は、株式市場に提供されている数字に、信頼がおけること。であるために、上場基準が厳しく求められ、財務状況に嘘があれば厳しく罰せられるのは当然のこと。

けれど、「国」としての数字が嘘で塗り固められていることがばれてしまえば、そもそも、海外からの投資家はその国の市場をいったいどれほど信じられるのか?

 

労働賃金が、経済指標が、もう昔の数字は憶測でしか推察できない状況に。経済も、そして本当にこちらのほうが大きな痛手なはずの「信用」も、揺らぎ始めている国。貧すれば鈍するを、国レベルでやっているようでは。

(…かなり趣旨がずれてきてるなぁ。)

 

 

それは無理でしょ(笑)

そんなことできるはずないよ(笑)。

これほど簡単な言葉はない。であるからこそ、発する際には細心の注意が必要。

 

そもそも「できるはずないでしょ」と言い切られた後で、その後に実際にできるようになったこと、ビジネスとして成功したものはいくらでもある。
いや、もちろん実際には「できるはずないでしょ」と笑い話で終わったものの方が多い事だろう。ですが絶対でない限り、そんな千に一つ、万に一つの確率でもできるものが潜んでいるという事。裏を返せば、千に一つ、万に一つの超ビッグなチャンスを笑い捨てている事があるということ。

 

できるはずないでしょと言われた者は、そう言われることによって、場合によっては意気消沈する。モチベーションが下がる。夢を打ち砕かれる。言ったほうはどう感じているのかはわからないけれど、言葉を受けたほうは、結構大きな衝撃を受けている可能性があるわけだ。
もちろん、その実現可能性がない事がほぼ断言できることもある。だがその無理に見えることを考えた、発言した者が「幼児」なら、否定しないでしょ?子供の夢は育てようとするでしょ?
さらに、大人においてそうした新しいイノベーション、発明をするような、したような人は、子供の心を持っている人だったりもするじゃないですか。さらにさらに、そうした「子供のころの心を持ち続けている」なんてのは賛美したりするのに、なぜ「できるわけない」とバカにするように笑い飛ばすのですか?

 

常識で考えて…いては突拍子もない事、面白い事、ブレークスルーはなかなか出てこない。ちょっとぶっ飛んだ、面白い、突拍子もない発想は、「無理だ」と潰す前にまずはこう発言してみませんか。

「おもしろいねぇ(笑)」

「どうすれば出来るかなぁ?」

 

それは「相手の中にあるもの」?

人工知能の開発をしている現場や、ロボットを開発している現場で、とても優秀な装置ができたりした際に、「スイッチを切るのが悲しくなる」という、人間側の心情が涌き出てきたという記事を読んだことがある。

 

いまだ明確にはなっていないけれど、これは「心」とはなにか、の一つの側面。それが、人間側がスイッチを切ることにより、AIの、ロボットの命を落とす、殺してしまうということに値する感情をゆすぶったということ。

ただし、ゆすぶられたのは何か?というと間違いなく「人間側」の心。もちろん、もしかするとAI側には将来解明されるかもしれない心が芽生えていたのかもしれないが、少なくとも現状の科学ではまだわからない。となれば、「心」とは相手の中に出来上がるものであり、これもあたりまえだけれど、「対象物に対しての感情」こそが「心」、相手に感じられたものが「心」ではないのか。

 

となれば、AIやロボットに心があるのか?というのは、それはAIの研究というよりも、やはり哲学的な側面が色濃く、「人々が、心とは何かを理解する」必要があって。
将来、なにかのシステムや装置が「一部の人間に危害を加えなければ、大多数の人間を守れない」ような際に、どれだけ逡巡するのか、迷うのか。それこそが「心」ではないのかと。

それが「単純に」数えられたり、測れたりするものであっても、それは心なのか?たとえば、「一人を犠牲に千人を助けらえるからGo」と判断できるのか、「一人でも重要だから犠牲にできないからNoGo」と判断できるのか。

人においてさえ、「人数が少ないから」と判断せざるを得ない場合、「人非人」といった呼ばわりをされるほどになる。要するに、測り切れない価値を鑑みることができることが「心」なのか。

 

 

複雑なアルゴリズムの組み合わせによって、それを作り出した人間が意図しない価値基準を生み出していたり、ディープラーニングを通して人間が理解できない価値基準が出来上がる事をもって「心」と呼び出すことも出てくるのかもしれない。でも、わからないことを持って「心」と突き放すだけでは進歩はない。

相手の中の測定基準がわからない感情を揺るがす判定結果。工学的、心理学的、哲学的等々、複数のアプローチが必要に。

道具に求めるもの

ITなどの就職面接などで、こんなことできますか?こんなツール、使ったことありますか?なんて質問が出ることが。

言葉上だけなら、「はい使えます」なのか「いいえ使えません」と非常にデジタルに白黒分かれるはずだけれど、ここには非常に『使えないに近い「使えます」』というアピールもあれば、『使えますが…と謙遜にそまった「まだまだ使えていません」』もあり。

 

これ、お国柄とか民族的背景もあるようで、日本人は謙遜系「使えない」より過少アピールし、欧米の国々のいくつかは「使えます!」と過大アピールをする場合がある気がしている。この二人が一緒になったりして、「使えない」と言っていた日本人の方が、「使える」と言っていた欧米人よりもよく使えていたり(笑)。

 

とは言え、本当に知りたいのは、その道具を使おうが使うまいが、「やり遂げるべきことをやり遂げられるか」。だから「道具の使い方等々」を求めているというよりも、それを使って、どういうことができるか?「できることは何?」「やれる?」を問いたいはずなのだ。

けれど、「できること」では範囲が広すぎる。だから、仕事でよく使いそうな道具のことを聞くのがどうしても入り口になりがち。

 

特に、そうした作業をする際には「その道具を使わざるを得ない」場合には、それが使いこなせるのかを聞きたい。が、それも使えるレベルには無限段階のグレードが。
特に昨今は、PCが仕事の道具として当たり前に広がっている。昔のように「キーボード打てません」は通用しなくなりつつある…。が、意に反して、スマホしか使ったことがない人などは、キーボードが使えなかったり。

 

道具をどのくらい使えるのか、それを使ってどんな成果が生み出せるのか?

それ、「道具に求めるもの」ではなく、「道具を使って生み出せるものは何か」を求めているという事で。

「やり切れる」「成し遂げる」、そのための道具の使い方。

 

 

お店って難しい

ネット通販が非常に伸びている現状において、実店舗などで、「長らくご愛顧いただきありがとうございました。〇月〇日で、閉店いたします」なんて張り紙が出ることがある。

 

こうした張り紙をもってして、たくさんの人々が、「あぁ、もっとやってほしかった」とか「長い間ご苦労様」といった声を上げたりするわけで。で、そうした隠れた人気があった店舗に、「最後にもう一度」という事で「閉めることが決まったところ」から人がわんさと訪れたりする。

もちろん、様々な「閉店理由」があるわけで、店主の高齢化なんてこともあるのは事実。だがそれのみならず、表立っては言わないまでも「儲けが出なくて」という事も少なからずあるわけだ。

儲からない、すなわち人々がそこを使わなかった、そこに行かなかったから、ということが閉店理由になっているのに、「えぇ、終わっちゃうの」と閉まることが分かったところで押しかける、上記のようなことに。いや、「今まで頻繁にあなたが来なかった」から終わるのに、最後に名残惜しみに来るとはなんだと。

 

とは言え、これは違う見方もできるかもしれない。本当にそんなに人気が高いのなら、「単価を上げてもよかった」のかもしれない。そうすれば、儲けが出ないからやめる…という問題からは、脱却できた可能性がある。
だがこれはその裏の側面もあぶりだしている。それは「そんなに単価が高くなかった、という事は、提供される価値に対して安い、コストパフォーマンスが高い」という事。であるにもかかわらず、儲けが出なかったのは、それは商材という影響があるだろうという事。たとえば「高級フレンチ」のように、毎日食べるものではない、が、ここぞという時には食べたい。そんなときの値付けをどこに置くか。そう、来店頻度と客単価の相関関係をどうとるかのバランスに起因するという事。

 

となると、その商材とその単価に対して、顧客側もそれに絶えられる頻度で訪問するからこそのバランス。だがそれも「母集団としてのファンたる顧客の数」にも影響される。

となれば、「a) 来店頻度」「b) ファンも含めた顧客母集団規模」「c) 1回の客単価」の掛け算で回り続けることが維持できるだけの売り上げがたつか。

b)は、最初からファンがいるとは限らないので、母集団を育てるために来店客数が多い繁華街に出店したがるのも無理はない…が、予想以上に来店客数が多いなら、少し人通りの少ないところに引っ込みたくもなる。そう、「店を構えている」ということは、「リアル店舗をそうそう移動、引っ越しできない」ところで、変数の一つを動かせないところが商売のむつかしさ。

まぁ現在であれば、いきなり「店舗を構える商売」という固定費、サンクコストが大きめのビジネスを動かすよりも、ネットを通じて、小さく成功を踏んでいく…というのが定番かな。

当たり前の結論ではあるけれど。ま、理論通りには行かないけれど、理屈を全く考えないと効率は劇落ちだろうな。