読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空気を読む国

「忖度(そんたく)」という言葉がはやった昨今。まぁもうすでに下火かな。言葉はむつかしく、日ごろ聞きなれない言葉だったかもしれないけれど、市民が日常で使うなら、「空気読めや!」という事に他ならない。

 

まさに、昨今の日本を表している言葉、「忖度」。空気を読んで対処するなどということばかりがまかり通るとどうなるか?

そもそも、詳しい説明を受ける事「無く」、空気を「読ま」なくてはならない。相手の心中を推し量らねばならない。こうして「最初にその忖度の結果」を作る/考える人はとても大変なのだが、後に続く人は実は楽なのでは。

あれっ、そうなんだ、そっちの方向の考え方なんだ。…とその流れを「読ん」でその方向に話を進めたり、賛成したり。後続の方は忖度と言いながらさほど考えず、単なる選択肢の1つとしてそちらへ流れる。一度こうした流れができ始めると、その流れ自体が「力」になる。すでに忖度の域を超えて、力学の世界になっている。

こうしてその方向に流れができ、力が生まれ、そこに多数派が構築される。まさに数が力になる。

そう、空気を読む事こそ、「数のみが力」になる。

 

それに対して、本来あるべき?多数決の考え方はというと、なぜそう考えたのかという「理屈」や「理由」が提示され、理解されるべきもの。そしてそれが戦わされどちらが理にかなっているか、分があるかを合理的に判断する。その結果として、そちらを選択するかしないか。そこに「何の理屈もなしに慮る」ことはないし、「忖度」はありえない。万が一「自分がそのように忖度、想像していたけれど、当の本人の考えは違った…」としたら、取り返しがつかなくなりえますからね。

 

 

理屈を戦わせることが苦手な国、少し前に流行った、ディベート力が弱い人が集まっている、と言うかトレーニングしない国、さらに言うと、考える癖がついていない人が多い国。それは単純に「数が力」の国を生む。

 

たぶん、これからも考え続けないと「今の力」に支配され続ける。

考えることは大変だし、エネルギーが要る事なのだけれど、でも考えなくなった時点で、僕らは力に屈服してしまうんじゃないだろうか?

 

お金がもうかる話、使いたい話

ネットの海を巡っていると、それこそいろいろと儲け話が転がっていて。こうして儲かりました、こうすれば楽に収入が…などなどいろんな情報があちこちに。

 

こう考えてみよう。もしあなたがそんな儲かる話を知っているとして、それを誰かに教えたいですか?積極的に伝えたいですか?

…と考えればすべてが見えてくる。そうした「儲け話」はすべて「あちらが儲かる話ありき」の話。たいていそれに乗ると、良い面は強調するものの、悪い面はあいまいにしたり、場合によってはきちんと説明しなかったり。

その部分で嘘をつくのが犯罪で、正確だが非常にわかりにくく伝わりにくいのが金融商品、くらいの違いかなと言うのが、個人的な見解なんですけどね。リスクのない痛手のない儲け話が今頃「向こうから」持ち込まれることはないっしょ。

 

これのいやらしいところは、犯罪ばかりじゃなくて、「銀行さん」をはじめとする金融関係が含まれているところ。「皆さんにお得な定期」等が展開されているのは、そうしてそのサービスに入ることで、まず第一にその銀行が設けられる前提があってこそ。その上で、あなたの儲けがいくらいくらにというものでしょ。

本当のお金持ちだと、銀行さんの方からご自宅に訪問されて、新たなサービス加入をお勧めするなんてのも聞いたりする。がこれとて同じこと。銀行とお客の双方が儲かるか、もしくは銀行は手数料として儲かるけれど、お客はリスクをこうむることもありますよ、という商品がほとんどではないのか、と。

 

日本は景気が持ち直しているなどという新聞その他もあるけれど、私を含めた庶民でその意識を持っているのはいかほどか。そもそも今20代の世代は、「本当にはぶりが良い、景気が良かった日本」なんてのは経験したことがないはずで。バブル以降、さまざまな指標や数値を見せて、感情をあおろう、景気を刺激しようとしているけれど、もうそんな年率1桁%台の成長なんてのは、天地がひっくり返るようなことでも起きない限り想像できないのだけれど。

 

 

みなさん、お金使いたいですか?契機ってそういう事でしょ?

意識の方向

すでに4月も終わり、春の連休、GWが始まろうとしているわけだが。この1か月で、新人はいろいろとマナーやルールを叩き込まれてきたことだろう。早いところでは、すでに配属先に紹介されているところもあるかもしれないが、遅いところはまだまだあと何か月かは基礎トレーニングの時期なのかもしれない。

 

入ったその会社には会社のルールがあって、まだ右も左もわからないから、指示された通りにやるだけで精一杯。でもそれも半年がたち一年が過ぎ、3年もするとそれなりに仕事がこなせるようになる…というか、こなしてもらわないと困る会社がほとんど。

 

その一方で、今ある仕事のうち、3割から5割の仕事が、いわゆるAIに置き換えられることは確実視されていたりもする。すでに人は、機械やプログラムと勝負して仕事をしていかなくてはならない日々に突入している。そう、未来の話ではなく、今すでにそうなっている。

…となると、「言われた通りにする」ということしかできていなければ、当然そんな「単なる作業」はマシンやAIの得意中の得意。だから即刻置き換えられる可能性が出てくるという事。これにどう対処していくのか?

 

いや、今はいりたての新入社員に求めているのではない。すでに入社5年目10年目以上の中堅社員が今すぐ考えるべき事象だろう。もちろん、新入社員だって明日は我が身だ。何らかの心構えが必要になってくるはず。それはなにか?

 

いくつかあるのだけれど、その一つが「新たな仕事を作り出す」という事、意識ではないだろうか?もちろん、会社に入ってそのようなことをすぐに実行しろとは言わない。だが、これだけ、近い将来は機械にAIに置き換えられる可能性があるなら、それらでは価値を感じない、生み出せない事を自分がどのように生み出せるかを考え、邁進する事。

たぶん本来の企業のトップや、起業家たちの本来の仕事こそがこれだろう。そうして新たな仕事を生み出し、そこに雇用を生み出すこと。企業のトップは「儲かる」ことも重要だけれど、仕事を生み出すこと、という意識を現在どれだけ持っているのだろうか?またその意識があるのだろうか?

「儲ける」意識はあれど、「仕事を生み出す」意識が希薄であればどうなるか?というと、まさにブラック企業や、労働の搾取が生まれるという事に。労働者に儲けを分配するのではなく、企業という法人に儲けをため込む。内部留保の積みあがっている量を見てごらんなさいな。とすると、今の企業トップが何を考えているのか?は一目瞭然では?そりゃぁ、企業は発展するけれど、庶民の給与は増えず…になっても、笑えないでしょ?

 

あなたの街のあなたが知らない事

休日くらいはゆっくり寝かせてほしい。という方のほうが多いかもしれない。休日は、いつもよりも1時間多めに寝て、日ごろの睡眠不足を解消している人もいるかもしれない。

でも、たまには休日でも、いつもと同じくらい、場合によってはいつもよりも早めに起きて散歩してみると、今までと違った街並みを見るかもしれない。

 

今年の関東地方は、桜の季節は思った以上に長かったようだ。…なのだが、土日は寒かったり、雨にたたられたりと、平日休みが取れない人たちは、なかなか楽しみにくい天候だった。

そんなある晴れた日の朝。いつもなら出勤していく時間に、いつもと反対側、街並みを散歩する機会に恵まれた。

 

朝の散歩は気持ちがいい。自分の体が目覚めてくるような感じと、朝日が昇り、徐々に街並みも起きてくる感じと。そうした心地よさ、街自体の静けさから起きてくる時の音などすべてがすがすがしくも感じられる。

 

別に大したところではないものの、近くの公園などをぐるりと散歩してみると、早朝にもかかわらず体操をしている人、ランニングをしている人など、活発に活動している人もいる。

 

本当にぶらぶらと歩き回って、さてそろそろ家に戻ろうか…と帰路についたとき。そんな朝早くから、5、6人の人が列をなしているのを見つけた。何事か?と見てみると、どうやらパン屋らしい。へぇ、一般のパン屋で、このあたりに早朝から開けるパン屋があるのか…と珍しさも手伝ってそこを訪れた。別に昨日今日できたわけではない。ずっと以前、こちらを歩いていたときにその店があるのは知っていた。が、そこがこんな朝早くからやっているとは知らなかっただけの話だ。

特別奇をてらったパンが売っているわけではない。が、フランスパンの類など、「おひとり様1本まで」なんていう張り紙まで出ている。これは人気商品なのだろうと、それを手掛かりにそのフランスパンを購入。

 

家に帰って早速朝食に。と、これがやっぱり「うまい」んですよ。さすが街の人は良く知っているんだな。行列ができるくらいの店なんだなと改めて感心。

店が開いている事自体は、コンビニが24時間営業をやっているので珍しくもなんともない。けれど、昔ながらの家族経営でやっているような店が朝早くからやっていると、それは穴場になりえるのかな。

 

そういえば昔、子供向けの歌でこんなのがあったっけ。

朝一番早いのは、パン屋のおじさん♩

 

住んでいる街にしたって、まだまだ知らない事がいっぱいある。

興味を持って飛び込めば、楽しみ方は無限大だね。

 

合理的判断

そもそも、合理的判断を選べない人がいる。なさけや情が勝って、その選択肢を選べない。それが悪い…とは言わないが、結果的に、選んだ判断の結果が合理的に正しいと思った方向に進む確率は、その選択によって下がってるんじゃないだろうか。

 

合理的に判断するとは、ある意味、もっとも自身に都合の良い方への確率が高いもので、自分への影響が総合的にましなもの。

ただし、気をつけたいのは、そもそも、そうした判断のために使うべき情報が使えているのか?という事はあり得る。さらに言えば、判断のための情報、材料は、十分に入手できているのか、いたのか?

 

結局、今の合理的判断とは、今手元にある情報に基づいて、という前提があってこそであり、さらにそこに後から情報が追加されると、その追加された情報により、場合によっては判断も変わる可能性があるということ。

これは、将棋などのゲームにおける手数の探査の深さも同じことでは。5手先まででは良い手でも、6手先まで読んだ結果としては、それが最悪に評価されることもありえる。

だからこそ、決断者は多くの情報を求めようとするのだが、そもそもそうした情報が十分には集まらない環境だってあり得る。部下は頑張って情報を集め、上司はそれでは決断に足る情報が足りないからもっと集めろと部下にはっぱをかける。

 

だからなにかで制限をしなければ、際限がなくなることも。「この日までに集まった情報で」とか「この数を超えれば判断する」「これにまつわる情報をもって」といった制約をはめておくこと。でなければ、結果としていつまでも判断できなかったり、逆に正しく判断すべき情報が集まっていなかったり。

 

で、これを、情報を集める部下の側に、そして判断する側の覚悟として、きちんと徹底しておくというのが、大切なんですけどね。