減らすという選択肢

どうやら昨今の労働者の未来像は、とてつもなく暗い未来予測しか聞こえてこない。

一部の金持ちを除き、たいていは預金などが足りず、死ぬまで働き続けなければならない未来が「計算」されているという。働き続けなければならない未来。

ただ、これまでにすでにリタイヤした人からは、こういう声も聞こえる。

退職したものの、やることがない。何かやることが欲しい。

 

まぁいわばどちらも、ないものねだりに聞こえなくはないけれど、こう考えてみてはどうだろう?

そもそも「今の働き方」が、相当ヘビーになっていないか?ということ。だから、いわゆる60代、リタイア世代になった時にも、その同じ働き方をイメージしていたりするかもしれないが、そこを変えて。

逆に言えば、60代でリタイヤしたら、もうすべてを手放すというのではなく、少しだけ仕事を残しておくことはできないか?という考え方。

 

そう、「やめる」となった瞬間に、今までの「100」を「0」にするイメージでとらえがちだったのでは。けれどそれをやめて「100」を、たとえば「20」に落とすこと。例えばこれなら、今まで週に5日働いていたところを、1日にするということになる。月に30万の給与が6万以下程度でもあり続けるけれど、働く未来。これはこれでありでは?

 

もちろん、これは働く側だけでできることではないため、相互に調整が必要になるだろう。でも、すでに「人員不足」が明らかに見えてきている現在。優秀な人材が、「年齢」だけを閾値にして、ハイさようなら!は実際もったいないでしょ?本当に辞めさせたいの?実はしくみがないだけでは?そう言う仕組みを作った、運営する会社が、認められる、人気になる時代があってもいいはずでは?

 

そうした会社の仕組み、働き方を提案してくる会社から、社会は変わっていきそう。そう、だってデジタル化、離れた形で仕事ができる仕組みが、これだけ技術的に準備されつつあるのだから。

 

 

それは誰が決めること?

あなたの価値、それも対価をいただくような価値は周りが決めること。対価を払う人が、払う人の価値として価格を決めてくれること。それが給料であり、成果に対する報酬。

 

だが、それを行動する、やるかやらないかは、自分で決めること。

いくら高い金を積まれても、やりたくなければやらなくていいし、大きな対価が見込めなくても、自分でやりたければやればいい。

 

ただし、社会人は、日々の報酬をもとにして生活している側面はある。だからその生活を回していくためには、やりたくなくても、めんどくさい内容でもやらなければならないことも出てくるという事実はある。

だが、だからといって「やる/やらない」は自分で決められること。ひもじい思いを我慢してでも、やりたくなければやらなければいい。いくら時間がひっ迫していても、やりたいことはやりたいわけだし、それがどう評価されるかなんて関係ない。

 

「やるかやらないかを対価で決めよう」とするこそ、自分での評価と他者から得るべき評価とをごちゃまぜにしがちに。それこそが混乱の始まりだし、自分でできること、決められることを放棄することにもなりかねない。

 

だからこそ、自分の自由を手にするために、評価されることがやりたいわけだし、評価されるためには、自分が得意で回りが喜ぶこと、周りが価値を認めてくれることを選ばないとね。

決められることを意識して、やることを意識して。

 

その先

僕は、僕がまだ知らないことがある、ということを知っている。

これが無知の知

この話を聞いた時には、それなりにかなり感動したりもしたのだが、と同時にそこから先の更なる悩みが生まれたといってもいい。 

それを認識したうえで、その知らないことをどう考えればいいのか?知らないことを考える?そもそもそれ自体が矛盾ではないのか?とか。

 

そう、知らないことを想像するのは大変むつかしい。隠されていることを暴く、本来あるべきものならまだしも、あるかないかすら知らないものがが見えなくなっている、隠されているということ自体が、とても難易度が高い探索。

学校に行っているうちは、「はい、こんなこと知らないでしょ?」と次々と知らないことを教えてくれるというのが学習の流れ。だが、それが終わり、社会人になると、自分で「知らないこと」を探し出し、それを学ぶことが必要になる。

たいていは、必要だけれどまだ知らない、だから学ばなければ…、といった動機で学び始めることが少なくないわけだけれど、場合によっては、どうにか今を打破したい、だから学びたい、でも何を?で大いに悩むことになる。

 

そんなときに役に立つ、よって立つよりどころなのは、実は「今知っていること」。今知っていることのその考え方、パターンは、かなりの種類の考え方があり、それらを当てはめることで、まだ理解されていないことを理解することに大いに役立つ場合が少なくない。…というか、事実上これしか手がないのだ。

であるからこそ、知っていることをまず増やし、知らないことにおいて、それに知っていることを適応していく。

ただ、すべてがすべて、同一のパターンが適応できるとは限らない。となった瞬間に、このパターンではなく、別のパターンは?それでもだめならまた別のパターンは?と数ある考え方を当てはめていく。結果、何かに当てはまればそれを同一のグループと理解し、もし当てはまらなければ、それこそが新発見となりえるということ。

 

要するに、知らないことを知るためには、知っていることを増やすことが重要になるという、ちょっと逆説的な結果状況。

だからこそ、知らものを探すために、知っているパターンを増やす。そしてそのピースが「あてはまらないことを見つけること」こそが新しい発見であり、大きな進歩につながる一歩になる。

 

だから、知らないことを発見しないといけないんだね。

そしてそのために、知っていることを増やさないといけないんだよねぇ。

 

 

サイズ感の時代

年末である。

そうでなくとも、宅配便業者さんは昨今、大変忙しそうだけれど、それにもまして忙しそうに街を駆け回ってくれている。本当に頭が下がる思いだ。

 

なぜそれほどまでに、配達業者が手いっぱいになるのかといえば、宅配でものを頼む人が増えたから。人のみならず、その人が頼む回数、頼む量も間違いなく増えているからだろう。

 

多くの皆さんが使っているであろうAmazon、最初は書籍の販売から始まった。それが今や書籍に限らず、ネットで扱えるものであればなんでもござれ…となってきている事情がある。

「本」ならば、そもそも実際の店舗で立ち読みをちらりとしてみて、その上でほしいな、でも持って帰るには重たいな…となったところでネットを経由して注文していた人はいただろう。それが今や、立ち読みで中身を見る行為自体を、他人の評価に任せ、一気にAmazonで注文する。リアル書店が戦々恐々とせざるを得ない状況がここにある。

 

とはいっても個人的には特に、衣料品はななかな買いづらかった…、昔は。それが今や、衣料品すらもネットでどんどんと買い付け始めている時代。まさに今のシーズンの、マフラーなど、サイズをあまり気にしないものはネット通販初期当時からでも購入していた人はいるかもしれないが、サイズ感が合わなければ、洋服はなかなかむつかしい。ウェストが、袖丈が、いろいろと長さが合わなかったり、色も気に入らなかったりと、好みもある。

しかし、そうして始めたネット通販も実質10年以上もたてば、あの店のサイズ感ならこのサイズでもいいかとなってくるところもあるだろう。そうなれば衣料品であったとしても、どんどんとネット販売で購入していく。

さらに、サイズ感は企業ごとに微妙な違いがあったりして、Mサイズでも、こっちはちょっと小さいけれど、この店はちょうどいいなどあり、結局、ちょうどよかった企業の者は、リピートしがちになってくる。

 

とこうして、なんでもネットで購入する、いわゆるウィンドウショッピングすらも、ブラウズショッピングで事足りる状況に変化してきており、アメリカを中心に?年末商戦がかまびすしい。

 

便利な世の中にはなっている。でも、何を失っているんだろうね。かならず、メリットの裏側があるはずなのだけれど。

 

 

いばらの道

会社経営の観点からすると、会社が傾き始めてから人減らしを始めるようでは遅すぎる。そんな「社内でだれもが不安」を覚えるような状況で人減らしを始めれば、当然ながら「優秀な人」から逃げ出し始めるのが世の常。だからやるなら、会社として経営が順調な時、堅調な時、儲けが増え始めているときにこそ、人減らしの施策を考え実行すべき。

 

人余り、求人倍率が1を優に超える、いわゆる労働者有利の状況においては、雇用者を絞るべき。そんな中では当然ながら、いいやつはあちらにもこちらにも内定が出ており、待遇等のいいところに引き抜かれがちで、良い人材に当たる確率は下がるはず。

逆に、景気が厳しい時にこそ、雇用者を積極的に取り入れるべき。そんな時にはどこも苦しく、優秀な人材であろうとなかなか雇用に踏み切らない。そんな時こそ上澄みの良い人材はより取り見取り。

 

ただ、上記のどちらにおいても、苦しい時に、より苦しくなる決断をせよと言っているに等しい。いわば、いつでも選ぶべきはいばらの道だということ。

べつにこれは「起業家」のみならず、多分、一個人においてもそのはずで、忙しい時ほど「自己研鑽の学習時間」をしっかりとるべきだし、忙しくなければいっそ有給含めてたっぷり休みを取って、たとえば一気にリフレッシュ休暇をとったりすると、また気分が変わったり、良い発想ができたりするもの。

でも往々にして、仕事がない、手が動かない状況になっていればいるほど、「働いているふり」をしたり、「無駄な作業で、忙しいつもり」を装う人が少なくないのが現在?

 

そう、忙しい時ほど勉強せよ、時間を作れということ。

暇なときには、たっぷり暇を享受せよ、ということ。

…思っていてもなかなかできないんだけどさ。

で、今忙しいですか?