安心の罠、安全の罠

世の中、個人的に不思議に感じる事がある一つとして、「安心」を重視するあまり「安全」を軽視する人が、かなりの数いらっしゃるという事。 いま検索エンジンで探してみたところ、 「安心:気にかかる事がなく、またはなくなって、心が安らかなこと。」 「安…

選択できるという事

将棋などのゲームでもいいし、いわゆるボードゲームなどでも構わない。最近ならPlayStationなどのゲーム機でもいいかもしれない。戦略性の高いゲームであればあるほど、「次に取れる戦略」は様々なはずなのだが、窮地に追い込まれてくれば来るほど、取れる戦…

変わるから変わらない

昔は内風呂がないご家庭も普通だったけれど、現代日本においては、ほとんどのご家庭で内風呂がついていて、恵まれた生活環境が提供されている。 毎日、シャワーかお風呂には入り、体や髪の毛をあらう。清潔な状態を保つことが容易な状況。日々の垢や汗、汚れ…

迫り来る有限

ネズミ講は今の日本では禁止されている。これは、その仕組みや収益の上げ方が、爆発的に広まったとしても、日本の人口数から見ると、「ビジネスの仕組み」として早々に破綻することが目に見えているためであるからだし、「初期に仕組みに入った人だけがうま…

人生は、効率化の戦場

唯一、どんなに貧しい家庭で育っても、どんなに恵まれた家庭に育っても、誰にとっても平等なのは「時間」。人間は、アクシデントにならない限り、人生として「使える時間がほぼ等しいという事実」だ。 例えば、人生80年と仮定して計算してみよう。高卒もある…

大本営発表

より大きな視点で、事実に基づいたデータが示されている事。これこそが「事実」。だがそうしたデータは、通常、誰もが取れるものではないため、そうしたデータとその分析を、あるところが一括で発表する。 その発表が信じられているというのは、上記にあるよ…

100m先の世界

毎日毎日、朝同じ時間に起き、同じ道を通って、同じ列車に乗って、同じ会社に通い、仕事をし終えて、また同じ道を帰ってくる。特にオフィスワークをしている人の多くは、ほとんどこうした通勤ルーチンをたどっていることだろう。 そんないつも歩き慣れている…

変化の閾値

知らない人はこう思う。「それやったら、こんなに悪くなるんじゃない?」「何が(どんな悪いことが)起きるか、わからないよね」「今より悪くなるんじゃないの?」 だから、「変わりたくない人」は「今まで通りに行きたい」「悪くしたくない」と考える。変化…

茹でガエルの井戸

「井の中の蛙」という言葉があって、ちょっとした集団の中でトップに立っていたとしても、それは小さなグループの中に過ぎず、外界(井戸の外)にはもっと広い世界が広がっていて、そこにはもっとすごい奴らがいるという事。 蛙つながりで言うと、「茹でガエ…

責任の対価、そしてそこへ至る

春だ。多くの新たな組織、新たな学年、新たな学校が始まる季節。 そんな中で、新たな役割を仰せつかる人もいるだろう。 会社や組織の中ならまだましだ。すべてとは言わないが、それなりの責務を任されることになれば(なかなか見合っただけの…とはならないが…

効率化を阻むもの

最近も様々なBlogやWebの記事で上がっていたけれど、これだけ「効率化」とか「時短」とか言われているけれど、そもそも、「時間以外の指標での評価の仕方」がわかっていない(いや、分かっていたとしても出来ていない)資本家が多いのではないだろうか? 資…

必要のあることを考えようよ

効率化の一つのやり方として、マニュアル化しよう、定型化しよう…という考え方が出てくる。もちろん、これは大変に効果をもたらすことであり、正しく実施すれば、非常に効果が上がる施策だ。 マニュアル化されていれば、手順化されていれば、「えーと、次に…

効率化の非効率

世の中、効率化効率化が叫ばれていて、「残業を減らしましょう」なんていうので、その一環として「プレミアムフライデー」なんてのが設定されたりしたわけですが。実は3月最後、2018年度最後のプレミアムフライデーが先日の金曜日だったはずなのですが、意識…

通常とピーク

エンジンで動くマシンがあるとして。車がわかりやすいだろう。ある車の標準出力、馬力でもいい。〇〇馬力の出力があるとパンフレットに書いてあったとすると、それは「通常使用時」のイメージを持たれることが多いだろう。そしてたいていそれとは別に、「最…

したいんですけど…

相談しに来る際に、こんな質問を投げかけてくる奴 「〇〇になりたいんですよ、どうすればいいですか?」 「〇〇したいんですよ、どうすればいいですか?」 正直なところ、ほとんどこの時点でアウトだ。 本当に「〇〇」になりたかったり、したかったりする奴…

自分の作り方

たぶん、今の50代より上の世代は、たぶん、世間の流れに乗っていれば、それなりの悪くない人生を送れていた世代だろう。何となくでも社会生活が成り立っていた。 だが40代より下は?そもそも就職氷河期世代などとも呼ばれている時代も含め、景気が勃興する、…

都会の事情

通勤時間帯以外はまだしも、日本の、特に関東圏における通勤列車の混雑ぶりは尋常ではない状況。混雑率が100%をこえるなどは当たり前で、下手をすると200%に達するような、超ぎゅうぎゅう詰めの満員列車で「痛勤」しているビジネスマン、ビジネスウーマンは…

興味と年齢

社会人になって数年たつと、最新の音楽事情に疎くなる傾向が見えてくることがある。仕事がだんだんと忙しくなって、娯楽番組としての音楽やラジオ、テレビを見る時間が減るというのがたぶん大きな一因だろう。であるため、最新のグループの名前がわからなか…

平均を見たとしても

雑誌の記事や、最近ならWebの記事を見ると、経済的不安などを煽る記事を見かけることがある。〇歳世代の収入と、これから…みたいなキャッチーなコピーで、読者を引き付ける。その際にどうしても目に付くのは、「あなたの世代の収入平均」みたいな記事。 平均…

汎化の基準

親に何かをねだるとき、「みんなが持っているから」とか「みんなが見てるから」「みんながやっているから」とか、「みんなが…」がキーワードになることが多い。 そこで親はその子に質問する、 「誰ちゃんと誰ちゃんなの?」 これでひるむ子もいる。だがこれ…

忘れられる自由、忘れてはならない事

私の記憶では、プライバシーにかかわる情報の取り扱いが最も厳しいのは、EU諸国のルールだったと思ったのだが。昨今のGAFAもしくはGAFAM(Microsoftも含めて)の状況においては、ますます厳しい状況になりつつあるだろう。(Appleは、個人情報を集めるつもり…

チャレンジしてもいいころ

私有財産をいくばくか使って資本金とし、企業する人々がいる。とはいえ最初から大きな資本を持っているような恵まれた人は少ないから、必死でかき集めて100万とか300万円あたりから始める人も。 そうして始めた最初のところから、いきなり「できるかどうかは…

価値が上がる、下がる

先日、知人との間で話をしていて気が付いたのだが、もう当たり前のようにCDを購入し、それをパソコンに取り込んで、音楽を聴く…という習慣は事実上なくなっているという事に。聞きたい曲を都度、その欲しいタイミングで購入するか?月額いくらで聞き放題に加…

生産性の前に

生産性向上が未だ持ち出されているし、たぶん今後もこの議論はずっと続いていくのだろう。もちろん重要な指標の一つだと思う。 だが、生産性を測るためには、そもそも「何が作られるのか」「どうなれば100%になる?」が決まっていることが必要だ。いわば、…

すでに消えてしまったもの(プラットホーム)

昔の映画を見ていると、今の世界では既に使われていないモノがいくつも出てきて、なにそれ?それどうやって使うものなの?という機器がいろいろと。 邦画の有名なところでは、昔は「ケータイ」が今ほど小さいものが存在せず、「肩から掛けるようにして持ち歩…

役に立つ、という事

何か新しい「道具」が出てきたことで、仕事が早くなったり、便利になったり。生活が楽になったり、便利になったり。 たとえば、T型フォードの発明による車の大量生産あたりから始まり、電話の発明、電卓の発明、パソコンの発明等々、仕事のやり方はこの100年…

Pay

大方の予想通り、〇〇Payといった多数の支払い方法が乱立し始めている日本だけれど、みなさんどのくらいお使いでしょうか? そもそも、非接触による支払いを可能にしたEdyがなかなか覇権をとれず、その後SUICAという形でJR東が大きなマーケットシェアを握っ…

子供に厳しいだけでなく

「日本がここまで子供嫌いの国になった理由」という記事が、ランキングに上がってきた。 president.jp この記事だけに限らず、日本はあちこちで弱者に厳しい環境になり始めている気がする。 この記事もそうだ。 www3.nhk.or.jp ボタンを押すことにより、「あ…

前へ倣へ!

すでに卒業してかなりの年月が経つけれど、日本の小学校、中学校で、朝礼や体育などで整列する際に唱えられるのが「前へ倣え!」 これ、大本は軍隊から来てますよね?そして、前の人と同じ形で、同じ間隔で、まさに「整列」するための手法。 もちろん、大人…

そこに「ゴール」はあるのか?

試験の場合、100点とか満点という、ある意味の「ゴール」が存在する。多くはそれを目指し、その指標を最高に高めようと努力する。 だが人生において、社会人生活において、ゴールって何?ここまでやればOKとかって、あるようで無いでしょ?となれば、自分で…