成長と変化

もうかなり昔になるが、私は当時、私に与えられた仕事で、「もう一生これだけでいいかも」と守りのイメージを抱いたことがある。 結果どうなったかと言うと、とうぜんそんな仕事が定年までの何十年に至るまで継続され続けるわけもなく、長くて数年、場合によ…

処遇

先日、ある会社で働いている人と二人で飲む機会があり、かなり深い話になった。 これまで会社を引っ張って行っていた人たち、その人の上司たちが、そろそろ役職定年になる/なったらしい。まぁ最近よく聞く話だ。 だが問題はここから。役職定年になった後に…

一人からチームへ

一人で仕事をこなせる有能な人も結構いる。なんでも呑み込みが早く、理解力が卓越しており、どんどんと仕事をこなす。 それを見据えて、なら今度はチームを率いてくれないかと数人メンバーをつけたりする。 二人位メンバーをつけて、当人含め三人のチーム。…

理解と納得

あなたはどちらだろうか? 理解さえできれば自分の行動につなげられるか? それとも納得が必要か? 理解と納得は、重なっているところもありそうだが、微妙な違いがある。 こう考えるといいかもしれない。 a) 「理解はするけれど納得はいっていない」という…

スパイラルの血栓

物事が回り始めると、AだからB、BになるとC、CだからD、DとくればA…と、次々と連鎖的にぐるぐる回り始めることがある。これが、ポジティブに回り始めれば、いわゆる景気拡大につながるのだろうし、ネガティブに回り始めれば、デフレ状況に陥ることが…

確率論から見ると

誰が計算したのか裏付けはとっていない怪しい話だ。 昨今の日本の社会環境においては、確率的にみると、正社員になるよりも、政治家(国会議員、県会議員、市会議員等々)になれる方が確率が高いらしい。 期待値的に考えても、月収、年収レベルで考えれば、…

振り子は揺れる

かならず右へ振れた振り子は、左に戻る。当たり前ではあるけれど、右なら右、左なら左へ行きっぱなしの振り子は存在しない。かならず揺れ戻しがあり、今の反対側へと帰っていく。 ただし、戻ってくる際には今までとは違う事象になっていたり、違う人々に変わ…

育てるコスト

中小企業の継承者が育っておらず、廃業に至る企業が増え始め、結果、数兆円分の企業価値が消えていく…などとメディアが報じている。 正直なところ、自業自得だと思っている。 昨今、中小に限らず、一部上場企業においてでさえ、現業において、儲けるための効…

手段は選ぶもの

先日、ちょっとした鉄道トラブルで、多くの人がチケット売り場に長い行列をつくるというシーンを目にした。災害や天災などが起きたり、首都圏では日々さまざまなトラブルの結果として、こうしたシーンに出会うことは少なくない。 結果として、それに対処する…

変えることができるのは

周りに不満がない人はいないだろう。 どうしてこうしてくれないのか、どうしてこうならないのか…。日々悶々と過ごしている、ストレスが溜まっている人も多いだろう。なかにはそれをお酒で紛らわせる人もいるだろうし、場合によっては自分より立場の低い誰か…

誰かに評価を求める前に

他人に評価を求めてばかりいると、どんどん辛くなりませんか? そういう人の状態でよくあるのが、自分で自分が納得できていなかったり、自分自身を認められなかったり。だから周りに求めたくなる。 でも考えてみてくださいな。自分で自分が認められない(た…

配分

今時、何か新しい料理に挑戦しようかと思ったとたん、たぶん多くの方は、検索サイトで、「料理名、レシピ」と探すことだろう。昔なら料理本などを持っていなければ、そもそも何を準備してどう料理するかもわからなかったところが、今は手元で1分もかからず、…

成長という敵

子供のころは、「大きくなったら…」と夢が広がった。ご飯を食べて、運動をして、勉強をしていれば、それだけで「成長」していったからだ。 成長という喜び。そう、当時は成長とは「喜び」の意味だったところがある。 だが成人も過ぎ、社会人として独り立ちし…

分からない事はありませんか?

みんなの知識をあげていくために丁寧に説明しようとすると、どうしてもこの一言を言わざるを得なくなる。 分からない事はありませんか? そもそもこんなことを言わずとも、これはどうなんですか?ここはどう考えればいいですか?と、自主的に質問してきてく…

表があるのは裏があるから

何かがあれば、「自分たちにとっては」メリットしかない事であったとしても、必ずそれによる都合の悪い影響を受ける誰か/何かが存在する。 表があるのは裏が存在するからで、メリットがあるところには、何等かのデメリットが必ず存在している。 時に、「い…

成長の結果としての

子供のころは、「おおきくなったら」という夢を抱いて、あんなこともしたい、こんなことができるようになりたいと、バラ色の未来を目指す。 ところが、早ければ大学時代あたりから、少なくとも就職して3年もすると、みんな擦れてくる。イメージしていた状況…

適応せよ、同化するな

生物が生き延びてきた背景には、変わり続ける環境変化にいかに対応/適応してきたか、が重要らしい。気温変化を筆頭に、暑さ寒さ、湿潤と乾燥、生物が生きていくために必要な状況をキープしつつ、周りに同化することなく適応する事。 同化してしまうと、その…

本当にスゴイは

ある事象で、「いや、こいつはホントにすごいなぁ!」と感心する出来事があった。 で、ちょっと考えてみたのだ、それがどのくらいすごいのか?と。 そしてたどり着いたのは。 「実はすごい!と気づいていないところにこそ、本当に気づいてしまったとたんに、…

子供の目線、大人の目線

子供の頃に気になっていた子/好きだった子は、大人になった今、同窓会の写真を見返すと、普通の子に見えたり。実はその子の隣にいる子が、大人の目線で見れば、この子はきっと大人になって可愛いよいこになっているんじゃないかなぁと思う子もいて、でも、…

意見を戦わせること

会議において、意見を言わないとか、いつも肯定しかしないなど、「それならその会議にいる必要はないではないか」という事を聞くことがある。 上記と同じ会社の同じメンバーの会議ではないかもしれないが、昨今の事情や流れを聞きかじって、それではと思い立…

役に立たない

最近は景気も良くなっているそうで、有効求人倍率も1.0を超えたとか。新入社員のみならず、既存の社員さんもリストラの憂き目にあうよりも、社内の仕事をこなすので精一杯。どちらかと言うと、やめさせられるリスクより、忙しすぎるのを何とかしてもらえない…

名前がつくという事

すべてに名前がついている…と思いがちだけれど、名前がついていない事はいくらでもある。逆に名前がついているにもかかわらず、その名前が浸透していないという事もたくさんある。 その「名前」が世の中に浸透し始めると、みながその「名前」でそれを認識し…

「それ」を武器にするという事

それは技術かもしれない。 それは若さかもしれない。 それは強さかもしれない。 それは頭のよさかもしれない。 それは喋りの旨さかもしれない。 それは足の速さかもしれない。 それは口のうまさかもしれない。 それは見た目の美しさかもしれない。 …で、「そ…

「すぐ」っていつかな

飲食店にて。注文を取ってもらおうと店員さんに目配せ。「はい、すぐにお伺いします!」と、気づいていることを示して、そそくさと雑務をこなして注文を取りに来る。その間30秒から1分。 仕事にて。この書類、超急ぎでお願いしたい。今すぐ、この後すぐに対…

何が信用されるのか

日本と言う国では、まだまだ現金を使う人が多い気がしている。首都圏県内でのコンビニ支払いであっても、まだ感覚的には半分は現金支払いだろう。 だが、海外ではそろそろ変わり始めているらしい。それも、実は日本国民的には発展途上国と思っているような、…

資本家のビジョン

働き方改革。やり方はともあれこの効果があちこちでジワジワと効き始めている感覚を感じる。 仕事柄、さまざまな会社と情報をやり取りするのだけれど、残業規制が厳しくなったとか、水金だけは絶対に18時には退社だと言い始めている会社が多い。 とは言え、…

削られているモノ

効率化と言う形で、時間を有効に使えと指示が飛ぶ 結果、疲労困憊して、遊ぶ時間すら削って、休日その他は「身体を休めて、次の闘いの準備をする」のが精いっぱい。と言う形で、結果的に「消費」を削っているのではないのか?と言うのが一つ。 もう一つは、…

「考え方」を知っていますか

〇〇ってなーんだ…といったクイズに対して、その「答え」を「考える」のは、遊びを通して訓練してきたこと。 でもより重要なのは、もっと一般的で、唯一の答えがないようなものに対して、「考えなさい」と言われた際に、何を探すのか?それをどうやって「考…

選択肢

先日ここに書いた選択肢の多さの話だが。じゃぁ選択肢の数が多ければいいのか?というと、そうでもない。 そもそも数があったとしても、選択されうるにふさわしい選択肢かどうか、品質が吟味されていることが重要事項。選択肢の頭数さえ増えていればいいんで…

それはマネジメントが悪い

できないものを「できません」という。それは当人の責任。 これをあいまいにして、なんとなく苦笑いやあいまいな言葉で済ませていると、それを受け取る方は「なんだ、否定しないのか、ならできる」と都合よく判断する事がほとんど。 だが逆に、「できません…