読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選択肢

選択肢は増やしておいた方がいい。

だが多すぎると、それはそれで選べなくもなったりする。

適切な数の良い選択肢を準備し、常にそれに備えておくこと。

 

良い選択肢なのに、多くの人が捨てているそれに、「逃げる」というものがある。

責務で縛られて逃げられなくなっていたり、プライドが邪魔をしてその選択肢が選べなくなっていたり。でも、「持っていても選べない」のなら、それは選択肢ではない。選択肢は、選べる可能性があるからこそ選択肢。

 

だから、逃げてもいいよ。

それも一つの選択、戦略。

それが選択肢のひとつにある事こそが重要。

 

もっと言うなら、「この判断値を超えれば、この選択肢を発動させる」ところまで決められれば、たぶんかなりうまく行く。

要するに、自己におけるリスク管理の回し方なんだよね。