読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しむための準備

台風が次々に押し寄せてきたかと思ったら、急に秋めいてきている昨今。体調管理が欠かせない毎日。

 

秋と言えば、スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋などと言われてますが、要するに何でもよくて、熱い最中では外に出るのも億劫だったのが、気候も良くなって「活動期ですよ」ってことだと思って過ごせばいいこと。

その意味では、昨今はいろんな楽しみが増えて、スポーツも、見るスポーツ、するスポーツ、画面の中でやるスポーツなどなど、いろんなやり方がたくさん。

読書に至っては、昨今出版不況だといわれていたりもするけれど、たぶんまず間違いなく「文字情報を読む」量は昔に比べて極端に減っていることはない毎日。確かに、新聞雑誌は読む機会は減ったかもしれないけれど、ネットを通じた文字情報には日々触れている毎日。「紙に印刷して配布される形態」が徐々に切り替わっているだけだろう。

食べ物は確かに味覚がおいしい季節。フルーツをはじめとして、冬に向けて脂が乗る季節。

 

しかしいずれにしても、そうしたモノやコトをより楽しむためには、知識や学習が欠かせない。そう、さらに楽しむには「アタマ」が要るということ。

 

単に体を動かすだけでももちろん楽しむことはできるだろう。単に本を読むだけでも得られることはあるだろう。単においしいものを食べるだけでも感動はあるだろう。でもそこに事前に「知識」があれば/ちょっとした情報が入っていれば、何も知らなかったときに比べて何倍も、場合によっては何十倍も楽しめたり、効果があったりすることも。

何も知らないで楽しむ楽しみ方ももちろんある。だからいつもいつでもそうするのがベストだとは言わない。しかし、ちょっと事前に知識を入れて置いたり、ちょっと事前に準備をしたりするだけで、がぜんその楽しみ方、感動の仕方が格段にアップする可能性のあるこの季節。フィジカルな楽しみ、肉体的な楽しみ以外に、頭脳もフルに活用して、創造的な楽しみかたを味わいませんか?