読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦略

いまや誰もが、分からない事/忘れてしまったことは、すぐに検索エンジンに頼る時代。であるがゆえに、ググって得られるものには、ほとんど価値がないということでもある。そんな象徴的な言葉、ググレカス

いや、検索して得られた価値はゼロではない。そもそも、検索してうまくその情報を引き出すことができる…という事自体が一つのテクニックでもある。が、そうして得た検索情報そのままでは、「素材」的価値でしかないことがほとんど。それをいかに調理するか、他の情報と組み合わせて加工していくか。実はそこがセンスでもあり、想像力でもあり、大きな価値を生み出せる部分。

 

全く話は変わるのだが…。
巷によくあるレストランでは、素材そのものを売りにした料理を出す店は少ない。それは、ありきたりの素材を「加工する」ところに付加価値のポイントがおかれているから。いかに安く、でもそこそこの料理を提供することができるか。流通や加工費用、固定費の低減に力を入れる。

 

それとは反対に、あまり素材を加工せず、素材そのものの旨さを売りにしているレストランというのもある。そこは、価値ある素材をそのままに、いや、そのままではわからないところを十分に引き出していく、すなわち、良いものを集めてくることに価値をおく。あまりチェーン展開はしていないことが多いだろうか。オーナーにこだわりがあったり、個人で展開している店には、こういう店舗が存在しがち。

 

ということで最初の話に戻るとしよう。ネットを通じて手に入れた「素材」たるデータは、ググレカスと言われるほど、安価に手にできるようになった。それをどう加工するか?という付加価値のつけ方もある。

 だがそれとは別に、ネットだけではまず手に入らない情報を、足で稼いで手に入れることで、他の誰も描けない記事や情報をつかむことも可能だ。

されにそれにネット情報を付加して加工することで、決してネットだけでは得られない結論にたどり着く可能性だってある。

 

みなさんは、どちらのタイプで勝負してますか。

ネットだけで得られた情報なのか?

それとも、ネットでは得られない情報も重視するのか?

それともこの上記のどちらでもないですか?

 

それこそがあなたの戦略。