読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーテンキニッポン

労使協議の上残業は100時間上限で

あまり普段はまあ感情的にはならない自分だけれど、これだけは書いておきたい。

バカじゃないのか?

 いや、これがバカと言えるのは、まだましな職場であって、実際は100時間で制限しなければそれを超える職場が多数になっている事…自体がそもそも「ニッポンおわってるでしょ」って感じだろう。

 

100時間になった、あぁよかった!…と思える職場は即刻逃げたほうがいい。そこで稼げるほどに働ける人は、必ず別のより良い仕事がどこかにあるはずだ。

逆に言えば、そういう仕事がいまだに大手を振ってはびこっている、生き延びている事自体が、そもそも経済原理が正しく働いていないという事。でもこれとて、「大きすぎてつぶせない」などと「あの企業」でも「その企業」でも起きていることを考えれば、推して知るべし。その時点で歪んでいる。

 

これ、ブラック「企業」どころの騒ぎじゃなくて、労働者から搾取するブラック「国家」日本って事じゃないのか?

Japan as No.1…とか、世界の中で一番いい国…とか、過去の幻影に縋り付いていたって、もう生きていけないよ。「今」がどうなっているのかを正しく認識したく「ない」だけじゃないのか?もう年を十分に取っている、劣化していることを分かりたくなくて、必死でお金を突っ込んでケアしている見苦しい金持ち老人状況にさえ見えて来る。金持ちがお金に任せて老化防止の施策を必死でうっているけれど効果なく、寄る年波に抗えなくなっているような老醜国家。

自分が住む国だから悪く言いたくないのだけれど、でも昨今の状況を見ているとさすがに文句も言いたくなる。

 

某国で、あんな大統領が選ばれるのを笑っていられないくらい。

あの国がくしゃみをすると、この国は風邪をひくらしいから。