読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価値観

すっかり日常になった100円コーヒー。コンビニがサービスを開始して以降、日々お使いの方もいらっしゃるだろう。もともとはというと、ファーストフードの方が100円でのサービスを開始したのは早かったはずだけれど、今はと言えばコンビニのサービスの方が認知度が高いのではないだろうか?

 

こうして日々使っているサービス。日常の一部として使っているサービスなので、その支払いにも躊躇なく。

 

これに対して、今まで使っていないサービスに対してなかなかお金を支払わない、というのが一般的な傾向に。たとえそれが、100円200円であったとしても、「で、それ、意味あんの?」なんて返事が返ってきたり。

 

こういう返事が返ってくること自体、「その価値」を今まで考えていないという事実でもある。

たとえば、昨今皆さんの手元には、たぶんここ数年分の思い出が詰まった「アルバム」や「個々の写真」があるのではないだろうか?首都圏では、スマートホンを使っていない人がいない空間がないくらい、どこに行っても、どの場所においても、皆さんがスマートホンを使っている。そしてこれは「スマートホン」という名前がついているけれど、実質的には、「カメラ」であり「写真のアルバム」でもあるもの。人によってはその1台の中に、数千枚の写真が入っている人も普通にいる。

これが、「スマートホンをなくした」り、「水没してデータ復旧ができなくなった」りしたらどうするのだろうか?ものごと、トラブルが起きてから対処するのは大変だし莫大なお金がかかるもの。

 

でも、たとえば自動でバックアップを取っていたりすると、これら写真データを別のところに丸ごとおいておくこともできる。自宅のパソコンに、という形なら追加費用は掛からないかもしれない。が、さっこんのスマートホン事情だと、そもそも自宅にパソコンはなくて、バックアップのためにパソコンを買うとか無理だし…という人もいる。

そういう人も使えるサービスとして存在するのがクラウドサービス。費用はいろいろあるけれど、月々数百円規模で、大事な「思い出」としての写真やアルバムすべてを「雲の向こう」に丸ごとバックアップできる。たった数百円、コーヒー数杯分でしかない。…が、それが「理解できていない」から払わない。

 

でも、もしスマートホンを壊してから、無くしてから、復旧するための費用と時間や手間を考えたら?月々数百円は高いですか?安いですか?いえ、いいんです。それが高いというのなら、それが(たとえば)あなたが「あなたの思い出の写真につけた値段」なのですから。

 

みんながみんなそれに費用を払う必要はない。それぞれの価値観に応じて支払えばよいこと。でもそれすら考えたことがない時、実は大きなリスクにさらされている、たったコーヒー数百円で大きな安心を変えるかもしれないのを見過ごしているかもしれない。…という、たったそれだけの事。

知らない…って、「高価」なんだよね(笑)。