読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助けられない事

変われるものなら変わってあげたい…。が、それができないこともある。

 

実際に自分でやってみて、自分で体感して、その感覚を自分のものとしない事には意味がない行動がある。自分でやってみて初めて分かる活動がある。
そうしたことは、頭で考えていることと、身体が動いていることと、どちらにもフィードバックがかかる、ということ自体が重要な事。

だから変わってあげることができない。応援することしかできない。

頑張れ とか
あと少しだ とか

 

でもやっている当人からすると、
そんなこと言われなくてもわかってる とか
簡単にできないから苦労してるんだ とか
いちいちうるさく聞こえるもの

うるさく言うなら手伝ってくれよ…と。

 

ほんとうに「うるさい?」かい?
誰も応援すらしてくれていなくて大丈夫かい?

もちろん、声に出して言っていない人も大勢いるよ。心の中で、頑張れ、と。

でもそれが、声に出していても/いなくても、あなたに伝わることで、一人じゃない、支えてくれている誰かがいるもの。恋人、親兄弟、友人親類、だれでも構わない。

 

重荷に思う必要はない。

さぁ、頑張ろう。

私も頑張る。